2008年10月28日

シモーナ・ガラッシ WBCフライ級王座を防衛

boxing


Galassi Bianchini

2008年10月24日 イタリア ミラノ

WBCフライ級タイトルマッチ
シモーナ・ガラッシ(伊)○ 判定3−0 ×ステファニア・ビアンキーニ(伊)

 初回から積極的に打って出た挑戦者のビアンキーニ選手(右)でしたが、王者ガラッシ選手は打ち合いに応ぜず、冷静にディフェンスしながら、ビアンキーニ選手の打ち終わりにリーチを生かしたストレートを返す戦法。

 上体を大きく動かし、ときおり左右のスウィッチも織り交ぜながら、ガラッシ選手の防御をこじ開けようとするビアンキーニ選手でしたが、これと行った見せ場を作れないまま判定に。

 ジャッジは全員がガラッシ選手を支持。そのうち2人はフルマークでしたが、試合としては、単に王者の安全防衛という内容でした。

試合後の両者の戦績は以下のとおりです。

WBCフライ級王者
シモーナ・ガラッシ(イタリア)
11戦9勝1分1無効試合3KO サウスポー

WBCフライ級前王者
ステファニア・ビアンキーニ(イタリア)
24戦17勝4敗3分2KO サウスポー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:01│Comments(0)ボクシングの試合:2008.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔