2008年10月22日

マルセラ・アクーニャ 王座統一前哨戦で豪打全開

boxing


2008年10月10日(金) アルゼンチン・ブエノスアイレス
スーパーバンタム級8回戦
 マルセラ・アクーニャ(アルゼンチン)○ 5回TKO ×ポリーナ・カルドーナ(コロンビア)

 WBAスーパーバンタム級王者マルセラ・アクーニャ選手(アルゼンチン)が、10月10日にポリーナ・カルドーナ選手(コロンビア)とノンタイトルで対戦しました。

 8回戦の予定でしたが、アクーニャ選手優位の一方的な展開になり、5回開始前にカルドーナ選手コーナーからタオルが投げ入れられ、アクーニャ選手が見事にTKOで30勝目を飾りました。

 この試合のハイライト動画です。(音量注意)


 アクーニャ選手は今月32才、相手のカルドーナ選手はまだ19才ながら、14才でデビューしてこの試合が19戦目という豊富なキャリアの持ち主。しかし、アクーニャ選手は、初回からガンガン打って出るファイトでこの新鋭を圧倒。打ち出したら止まらない爆発力と、一発の重さは特筆もので、「虎」と呼ばれる彼女のイメージそのものです。

 アルゼンチンには、WBAスーパーバンタム級王者アクーニャ選手の他にもう一人、同じ階級に世界王者がいます。プロ無敗のWBC同級王者、アレハンドラ・オリベラス選手です。

 オリベラス選手のKO動画です。対戦相手は現WBCスーパーバンタム級暫定王者ジャッキー・ナヴァ選手。
アレハンドラ・オリベラス vs ジャッキー・ナヴァ(2006年)

Alejandra Oliveras KO Jackie Nava from Página Argentina de Boxeo on Vimeo.

 このふたりがいよいよ、12月4日にお互いのベルトを賭けて激突することになりました。32才のアクーニャ選手、30才のオリベラス選手、ボクサーとしてのキャリアの上でお互いの最盛期での決戦といっても良いでしょう。この対戦からは目が離せません。

現在の各選手の戦績は以下のようになります。

WBAスーパーバンタム級王者
マルセラ・エリアナ・アクーニャ(アルゼンチン) 35戦30勝5敗16KO

WBCスーパーバンタム級王者
アレハンドラ・オリベラス(アルゼンチン) 13戦11勝2分3KO

ポリーナ・カルドーナ 19戦12勝4敗3分5KO

 最後にアクーニャ選手の動画をもうひとつ。2年前のパオラ・エレーラ選手(コロンビア)との対戦です。相手がちょっと細すぎますが、アクーニャ選手の豪打、ご覧ください。



banner_02

qbar


queensofthering at 13:24│Comments(0)ボクシングの試合:2008.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔