2008年08月02日

野木トレーナーは日本のフレディ・ローチになるのか

boxingicon_muaythaiicon_kickboxing


 ボクシングでもキックでも無敗の女と言えばルシア・ライカー選手。しかし、彼女にも、追いつめられた試合がありました。ボクシング転向5戦めに迎えたチベール・ホールバック戦がそうです。それまではアグレッシブネスとフィジカルの強さでは誰にも負けなかったライカー選手が、彼女を上回るパワーと闘争本能で襲いかかるホールバック選手の猛攻の前に大苦戦。
ルシア・ライカー&フレディ・ローチ

 困惑の表情でコーナーに帰ってきたライカー選手にセコンドが何ごとか耳打ち。次のラウンド、勝ちを確信して猛然と突進してくるホールバック選手をステップワークでひらりとかわし、ライカー選手、死角から電光石火の一撃。ホールバック選手、ダメージが大きく、立てません。見事なKO勝利でした。

 このとき、ライカー選手に指示を出したのが、今をときめく世界の名トレーナー、フレディ・ローチ氏です。ローチトレーナーはその後、何人ものチャンピオンを作り、タイソン選手やデラホーヤ選手のトレーナーをつとめ、今ではアジアの誇りスーパースターマニー・パッキャオ選手と組んで観客をわかせています。

 ボクサーなら、誰もがコーチになってもらいたい世界最高クラスのトレーナー、それがフレディ・ローチ氏です。



 日本で今一番有名なトレーナーと言えば、内藤大助選手のハードなトレーニングが紹介されるとき必ずいっしょに映っている野木丈司氏ではないでしょうか。野木トレーナーは白井・具志堅ジムにやってくる女子選手にも稽古をつけています。

 ミット打ちなどの技術面ばかりでなく、走るなどのフィジカルトレーニングにも重点を置いている野木トレーナーは、ボクシングはもちろん、陸上競技にも優れ、現役選手時代は先輩である具志堅用高氏の走り込みのパートナーも務めていたということです。その野木トレーナーの陸上時代の師匠が、マラソンで有名な小出義雄監督なのです(後楽園ホールでの第1回女子ボクシング大会に小出監督が来場していたのはそのためです)。
野木トレーナー

 小出監督は有森裕子選手、高橋尚子選手など女子選手をどんどん育てましたが、野木トレーナーも女子選手に対しては理解が深く、先日の角田紀子ノリコT)選手のムエタイの試合の時も、遠征先のスイスまで同行していたほどです。

 先日、内藤選手は、防衛戦をKOで見事に成功させましたが、今月は風神ライカ選手の世界戦などもあり、きっと野木トレーナーは多忙なことでしょう。そのあとには菊地奈々子選手の試合も続くと思われます。

 日本の女子キックと女子ボクシングに理解の深い野木トレーナーの存在はわたしたちの希望の星です。がんばれ野木トレーナー。目指せ世界の名トレーナー。

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

qbar

queensofthering at 19:01│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔