2008年07月13日

富樫直美 韓国でWBCライトフライ級暫定王座を獲得

boxing


 富樫直美選手が韓国京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市で開かれた世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級暫定王座決定戦で、10回を戦い、判定3−0でキム・ジン選手(韓国)に勝利しました。富樫選手はこれによってWBC世界ライトフライ級暫定王座を獲得。

WBCライトフライ級暫定王者決定戦
7月13日 韓国京畿道(キョンギド)
富樫直美(ワタナベ)○ 判定3−0 ×キム・ジン(韓国)

 故障のため防衛戦を辞退したと伝えられる、現WBC同級正王者サムソン・ソー・シリポーン選手(タイ)が復帰したのち、富樫選手と試合を行ない、富樫選手が勝つと、正王者として認定されることになります。

 富樫選手が王座につけば、菊地奈々子選手に続いて日本女子二人目のWBC王者となります。

写真のあるページ1

写真のあるページ2

写真のあるページ3

 以下は、韓国の報道からの要約です。

 キム・ジンは13日京畿道高陽市で開かれたWBCライトフライ級暫定チャンピオン決定戦で富樫直美の前にやぶれた。

 戦術的な敗北だった。富樫直美は3回からキム・ジンの腹部を集中攻撃した。キム・ジンのスピードを奪うための計算された行動だ。荒てたキム・ジンにとっては、この攻撃から逃れながらの難しい試合になった。

 キム・ジンは4回5回に右ストレートからの左フックを富樫の顔面に的中させて逆転を狙ったが後半に入って目立つようにパンチスピードが落ち、プロ2敗目を許容してしまった。


banner_02

qbar




queensofthering at 16:13│Comments(0)ボクシングの試合:2008.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔