2008年06月07日

ホ・ウニョン選手は暫定王者

boxing


 6月1日に韓国で、上村里子選手(山木)に判定勝利してWBCミニフライ級(ストロー級)王者となった、と伝えられたホ・ウニョン選手(韓国)の『世界タイトルマッチ』が、その後、ボクシングデータサイトBOXRECの記録で『暫定王者決定戦』と表記されました。

 よって、ホ・ウニョン選手はWBCミニフライ級(ストロー級)の『暫定王者』であり、同級の正王者は、現在もなおカリーナ・モレノ選手であるものと思われます。

 モレノ選手は、今月13日にアイリーン・ミヨコ・オルシェウスキ―選手とIFBAのライトフライ級王座決定戦を戦います。
アイリーン・ミヨコ・オルシェウスキ―選手(ページの下段『WBC王座を狙う日系人の戦い』参照)

banner_02

qbar

queensofthering at 23:56│Comments(0)選手:上村里子 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔