2008年05月31日

NHKドラマ 8『乙女のパンチ』

boxing


 6月19日(木) 22:00よりスタートする連続ドラマ『乙女のパンチ』は、南海キャンディーズしずちゃん主演で、本邦初の女子ボクシングドラマ、しずちゃん本人のスパーや試合シーンも収録予定、と、自分的には、好きなものが3つも4つも集まっている世界なのです。が、なんか、ひとつふたつ不安な点が・・・。

 まず、設定上、しずちゃんが児童施設で育てられた身寄りのないボクサーということです。
 でも、しずちゃんなんですよ。ドラマなんですよ。前代未聞のキャラとかが良かったかなあ、と。
 一般的な傾向として、設定がステレオタイプだと、内容もステレオタイプで、面白味に欠けるってことに・・・。いやいや、しずちゃんでボクシングだからきっと面白いはず、と信じます(笑)。

 それと、しずちゃんはこの番組のためにかなり減量したそうですが、ライバル役の黒谷友香さんとくらべると、まだまだウェイトが違いすぎます。ふたりが対戦するとなると、しずちゃんには力石徹以上のウルトラ減量が必要になって、彼女の健康状態が心配。

 階級的に無理がありすぎる黒谷友香さんとの対決よりも、しずちゃんには身長がほとんど同じナターシャ・ラゴシーナあたりとの激突がいいですね。
 NHKさん、ナターシャ呼んでください。それでもしずちゃんのほうが重いでしょうけど・・・。でも、ナターシャより上の階級だと、もう現実の世界にもあまり選手がいないですもんね。やっぱ、しずちゃんはでかいなあ。
ナターシャ・ラゴシーナ


banner_02

qbar

queensofthering at 10:48│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔