2008年05月18日

5月31日のボクシング

boxing


 5月31日はボクシングも凄い試合ラッシュです。まず、トリニダード・トバゴでは注目すべきタイトルマッチがあります。WIBAおよびWBCおよびWBAライトミドル級王者ジゼル・サランディ選手対イヴァ・ウェストン選手です。ジゼルはまだ21才ですが、プロデビューがなんと13才の時というから、すでにキャリアは8年目。ドイツで活躍する実力者のカロリーナ・ルカジーク選手(WIBFおよびGBU王者)を今年3月に破っているので実力も本物でしょう。

 ドイツ、デュッセルドルフでは、ドイツの4大スター選手のひとり、イナ・メンツァー選手が彼女のWIBFおよびWBCフェザー級のベルトの防衛戦です。国営テレビで放送の予定。4大スターとは、イナ・メンツァーナターシャ・ラゴシーナアリージャ・グラフスージー・ケンティキアンです。

 韓国ソウルでは、WBAライトフライ級王者キム・ジュヒ選手の初防衛戦が行なわれます。今回の挑戦者は中国人ですが、どちらが勝つにせよ、手ごわい王者とはならないような気がします。このWBAライトフライ級は日本選手としては真っ先に狙いたいベルトではないでしょうか。

banner_02

qbar

queensofthering at 21:45│Comments(0)ボクシングの試合:2008.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔