2012年12月

2012年12月31日

QR選定 2012年ファイター・オブ・ザ・イヤー キック&ムエタイの部

 KickBoxing  MuayThai  ShootBoxing

 2012年 クイーン・オブ・ザ・リング キック&ムエタイ部門 各賞の発表です。ことし一年を楽しませてくれた選手の皆さんへの感謝の気持ちをここに表します。

 なお、この賞はこの1年にQRスタッフの耳や目に入った試合からQRスタッフの主観で決定されたものであり、キック/ムエタイ女子全体を反映するものではないことをお断りします。

★ベストファイト
 神村 エリカ vs ローマ・ルックブンミー[12月2日WPMF世界女子ミニフライ級王座決定戦]
 第1ラウンド、神村選手の怒濤の攻撃、第2ラウンド、ローマ選手が首相撲の技術で圧倒、第3ラウンド、戦慄のノックアウト、という実にドラマチックで見所の多い試合。剛の神村選手と柔のローマ選手の戦いは観客を酔わせました。参考記事

★ブライテストホープ
 MIO(及川道場)

★殊勲賞
 魅津希 みずき(白心会)
 シュートボクシング女子のトップの一角である高橋藍選手を一度ならず二度までも判定にくだし、Girls S-CUP53.5kgトーナメントを征した試合は鮮烈な驚きを与えてくれました。参考記事

★敢闘賞
 V.V.Mei[ヴィー・ヴィー・メイ](フリー)
 真夏のGirls S-CUPに来襲したナムターン・ポー.ムナグペット(タイ)、ロレーナ・クライン(オランダ)という二人の規格外の強豪選手を真っ向勝負で連続撃破してみせたV.V.Mei選手の働きはまさしくプロフェッショナル。参考記事

★技能賞
 ヨアンナ[ジョアンナ]・イェドジェイチク(ポーランド)参考記事1  参考記事2

★ベストアルバム
 マリアンヌの誘惑(限定デラックス盤 夜の玩具箱)
 キノコホテル期待の新作はベースの音がイマイチ小さいのと主人公の「あたし」のキャラが前作までと比べて深みを失いかけていることがちょっと不満ですが、オマケのライブDVDは本当に素晴らしい出来。毎日毎日ずっと聴き続けても飽きない最高の内容。4人の演奏は本当に生き生きとして、そのセンス、迫力が作り出す世界は唯一無二。マリアンヌさんの歌唱もスタジオ版より自然な感じで好感が持てます。このDVDは限定に終わらせないで通常盤として再発売するべき名作。絶対出してください。

★最優秀来日選手
 サーオシン・ソーソピット(タイ)
 3月と11月に来日し、AZUMA選手と激戦を繰り広げたサーオシン選手は、圧倒されていた試合を一発逆転のヒジ打ちでひっくり返したかと思えば、再来日では知能的な試合運びで盤石の防衛戦を展開するなど若さに似合わぬフトコロの深さを見せるタイの新世代。輝く笑顔でスター性も充分に持ち合わせた期待の星。参考記事1  参考記事2

★ベストKO賞
 ジャマイマ・べトリアン(オランダ)[5月20日対大石綾乃戦]
 日本の誇る激闘系実力派ファイター大石綾乃選手をまさかの2ラウンドTKOに打ち取ったジャマイマ・ベトリアン選手。その一撃一撃が強烈で、しかも一発のタイミングで二発を叩き込むような驚くべき回転の速さ。距離や角度の取り方も見事でした。参考記事

c5f0f337★ファイター・オブ・ザ・イヤー
 RENA(レーナ)(及川道場)
 今年のRENA選手は恒例のGirls S-cupへの参戦は右足の古傷の悪化により無理と思われていました。いや、実際無理だったようです。右のキックが使えない不完全な状態でもトーナメントに出ることを選んだRENA選手の判断にはいろんな意見があるでしょう。しかし、RENA選手は出ました。出た限りは不調を感じさせない完璧な試合をするのがプロ。そんな難題を彼女は必死にクリア。トップの座を死守するプロ魂は見事でした。参考記事

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 受賞 

QR選定 2012年ファイター・オブ・ザ・イヤー ボクシングの部

 Boxing

 2012年 クイーン・オブ・ザ・リング ボクシング部門 各賞の発表です。ことし一年を楽しませてくれた選手の皆さんへの感謝の気持ちをここに表します。

 なお、この賞はこの1年にQRスタッフの耳や目に入った試合からQRスタッフの主観で決定されたものであり、ボクシング女子全体を反映するものではないことをお断りします。

★ベストファイト
 真道ゴー vs マリアナ・フアレス[7月14日WBCフライ級タイトルマッチ]
 今年もいい試合はたくさんありました。人を揺さぶるなにかのある試合、ファイトのレベルの高さ... ベストファイトの基準はいろいろあるでしょう。その中からQRは「日本選手が海外に出て行き一番上の選手を一番追い込んだ試合」をベストに選びました。参考記事

★ブライテストホープ
 本田愛祐美(ワールドスポーツ)
 岩川美花(井岡)

★殊勲賞
 エヴァ・ナイト(アメリカ)
 WBCフライ級王者マリアナ・フアレス選手を判定でやぶって同級ダイアモンドベルトを獲得した試合はボクシング女子の歴史に大きな意味を持つでしょう。参考記事

★敢闘賞
 マリアナ・フアレス(メキシコ)
 アナ・マリア・トレスジャッキー・ナヴァというスーパースターふたりが相次いで産休となった業界のピンチを、一年で5試合というペースで次々と試合をこなして穴埋めにつとめた努力は大きなものがありました。その意味で今年のボクシング女子の主人公はフアレス選手だったと言えるでしょう。

★技能賞
 宮尾綾香(大橋)
 日本のボクシング女子に圧倒的に欠けているフットワークの有効性を自らの試合を通じて知らせてくれたのが宮尾選手。そして彼女はその技術を世界王座奪取に結実させました。

★最優秀来日選手
 ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)
 3月に初来日を果たしたWBA/WBO統一ライトフライ級王者ジェシカ・ボップ選手。試合はおこなわれずエキシのみの御披露目となりましたが、現役のトップ中のトップ選手を後楽園ホールで見れたのは実に幸運。鍛え上げたフィジカル、俊敏な動きと華麗なテクニック。そしてプロ精神いっぱいの明るいキャラクター。プロボクサーなら誰もが目指すべき選手だと思います。参考記事

★ベストKO賞
 ジェリーナ・マジョナヴィッチ[ムルドジェノビック](カナダ)[3月23日対リンゼイ・ガーバット戦]
 昨年12月のオリビア・ゲルーラ戦に続いてマジョナヴィッチ選手がマークした連続ビッグKO。ことしもショッキングなKOがいくつかありましたが、実力者同士の世界タイトルマッチでの初回KOということでこの試合に勝るものはないでしょう。 参考記事

c5f0f337★ファイター・オブ・ザ・イヤー
 ホリー・ホルム(アメリカ)
 昨年12月にボクシング女子最強の看板をかけておこなわれた対アン・ソフィー・マティス戦でボロボロに打ち崩されて失神KO負けという屈辱を味わったホルム選手。「今回も返り討ちでは」と絶対不利説がささやかれる中でおこなわれた6月のダイレクトリマッチは、人々の(そしてわたしたちの)予想をくつがえしてホルム選手が大差ポイントアウトの判定勝利。この人の気持ちの強さには圧倒されました。そして、現在は21戦全勝の三団体統一王者セシリア・ブレークフス選手の挑戦を受けて、ラスベガスでの大一番の準備が進行中。来年もホルム選手から目が離せません。 参考記事

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 受賞 

2012年12月30日

ベッカ・マクドナルド vs シェリー・ストラチェン ムエタイ 動画 ムエタイ女子

 MuayThai

2012年11月30日(金)カナダ バンクーバー
All Martial Arts Championship 6

ムエタイ スーパーウェルター級(145ポンド)2分3ラウンド
ベッカ・マクドナルド(カナダ)青
VS
シェリー・ストラチェン(カナダ)赤


 本日は11月にカナダでおこなわれた格闘技大会からムエタイの動画をご紹介します。このイベントは『All Martial Arts Championship』という名前の総合格闘技とムエタイの合同イベント。女子はこの一試合がおこなわれ、なかなか熱い戦いになりました。

ムエタイ スーパーウェルター級 2分3ラウンド
×ベッカ・マクドナルド(カナダ)
判定 0−3
○シェリー・ストラチェン(カナダ)
ストラチェン選手の判定勝利
(第1ラウンドにマクドナルド選手ダウン1)

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

2012年12月29日

金網キックボクシング 高田結 vs タン・ジン 動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2012年7月26日(木)中国 山東省 徳州市体育館

60kg契約体重 キックルール 2分3ラウンド
高田結 たかだゆい(峯心会)
VS
タン・ジン[唐金](中国)



 ご紹介が非常に遅くなってしまいましたが、7月に高田結選手が中国遠征に行ったときの映像が見つかりましたのでご紹介します。

awa vs heat WPMFムエタイライト級王者の高田選手は『演武堂 vs HEAT』中日対抗戦に日本側(HEAT)の一員として参戦。高田選手を迎え撃ったのは中国格闘技界の人気者、タン・ジン選手。タン選手は中国拳法の意拳をバックボーンとして立ち技と総合格闘技で戦っている選手。ポスターの真ん中に扱われていることでも彼女の人気が分ると思います。

 この試合の一ヶ月前にはMMAでWBCムエタイのインターコンチネンタル王者ティファニー・ヴァン・ズースト選手(アメリカ)からアームバーの一本勝ちを取ったばかり。

 今回の試合はご覧のとおりの金網マッチですが、ルールはキックボクシング。 ...のハズですが、タン選手はフロントチョークをかけてきたり、グランドパンチを打ってきたり、あんまり総合ルールとの区別が付いていないようです。

 そんな中でも高田選手はよく戦い、ダウンをひとつずつ奪い合っての判定の結果はホームのタン選手の勝利。んー、もうちょっとで高田選手が勝てた内容でしたね。

 タン選手はこの勝利のあと、11月にラスベガスのムエタイイベントでレナ・オフチニコワ選手(ウクライナ)からも判定勝利をゲット。ますます注目度を上げています。

 来年は高田選手とタン選手の再戦を見たいですね。

60kg契約体重 キックルール 2分3ラウンド
×高田結 たかだゆい(峯心会)
判定
○タン・ジン[唐金](中国)
タン・ジン選手の判定勝利
(第1ラウンドにタン・ジン選手ダウン1、第3ラウンドに高田結選手ダウン1)

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

2012年12月28日

ドキュメンタリー 少女ムエタイ 『リトルファイター 少女たちの光と影』(バッファロー・ガールズ)予告編 ムエタイ女子

 MuayThai


 タイの少年少女が戦うのを見たアメリカ人の映画作家が「これは幼児虐待だ。やめさせなければ。」という思いで撮りはじめたのがこの映画のスタートだったといいます。しかし、彼は途中で気が付きます。そんなに単純なものではない、と。

 これはタイの貧しい家庭の子供たちがムエタイのファイトマネーで家族を助ける姿を追ったドキュメンタリーです。主人公のスタムとペットはどちらも8才の女の子。ふだんは普通の子供でもリングではムエタイファイターそのものですね。音楽の使い方、画面の雰囲気、そしてスタムとペットの表情がいいので非常に気になる作品です。

 この映画は現在アメリカで公開中ですが、日本での公開予定は無いようです。そのうちDVD化されて出回るだろうと言われてますので、アメリカやタイの輸入盤を扱うお店をチェックしていれば2013年には手に入るのではないでしょうか。
追加情報
日本公開決定 日本版タイトル『リトルファイター 少女たちの光と影』
日本版DVD 発売中『リトルファイター 少女たちの光と影』
日本版予告編

関連記事 ペッチージャー VS パランポン タイの子供たちの激闘 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 放送/ネット配信/記録映画 

2012年12月27日

総合格闘技無敗キャット・ズィンガノ ムエタイファイト動画 ムエタイ女子

 MuayThai

2012年6月25日(月)タイ プーケット

ムエタイ 2分5ラウンド
キャット・ズィンガノ(アメリカ)
VS
ファークピッチ(タイ)


 ムエタイやボクシングの選手が総合格闘技に挑戦する話題はこれまでに何度かご紹介してきましたが、今回ご紹介するのは(ちょっと前の試合になりますが)総合格闘技の選手がムエタイに挑戦する動画です。

 この総合の選手はアメリカのキャット・ズィンガノ選手。もともとはレスリングの選手で、その後ブラジリアン柔術を経てプロの総合格闘技で活躍するようになったそうです。現在までの戦績は7戦全勝。なかなかの実力者。

 そんな彼女がことしタイにムエタイ修行に行ったときの試合がこの動画です。相手のタイ選手があきらかにフィジカルで不利ですが、それ以上に印象的なのがズィンガノ選手の打撃の強烈さ。とても組み技系の選手とは思えません。本格的に打撃系格闘技に参戦してもけっこういけそうな感じですね。

ムエタイ 2分5ラウンド
○キャット・ズィンガノ(アメリカ)
KO 第3ラウンド
×ファークピッチ(タイ)
キャット・ズィンガノ選手のKO勝利

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

銃で両足と右手を撃たれた世界王者ローラ・エル・ハラビが1月にカムバック ボクシング女子

 Boxing

2013年1月12日(土)ドイツ バイエルン州 ノイウルム

ローラ・エル・ハラビWIBAライト級王座決定戦
ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)
VS
ルチア・モレッリ(イタリア)

WIBAスーパーミドル級王座決定戦
ニッキ・アードラー(ドイツ)
VS
マリヤ・ペヤコヴィッチ(セルビア)

WIBAライトミドル級タイトルマッチ
王者 マリア・リンドバーグ(スウェーデン)
VS
挑戦者 エヴァ・ハラッシ(セルビア)

WIBAスーパーフェザー級暫定王座決定戦
イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
VS
ミレーナ・コレヴァ(ブルガリア)

 2011年4月に予定されていた試合の直前に右手と両足を撃たれ、長期療養していた元WIBFライト級チャンピオンのローラ・エル・ハラビ選手がリングに帰ってきます。事件直近の試合が2010年6月でしたから2年半ぶりのリングですね。

 ハラビ選手は2007年に地元ウルム市でデビュー、二年後には無敗のまま世界王座を手にして2010年に初防衛。当時、ドイツのボクシングは非常に熱気があり、女子選手の人気も高い時期でしたが、そんな中でハラビ選手は大きな大会に出た経験が無く、対戦相手も二線級で、プロ選手としての評価はイマイチでした。

 ハラビ選手陣営はここでもう一歩ビッグになるために態勢を見直します。デビュー以来ずっとハラビ選手のマネージャーをしていたのはハラビ選手の義理の父で小さなファミリービジネスだったわけですが、彼をはずして新しいマネージャーを入れることになったのはこの時。それが悲劇のきっかけでした。

 マネージャーを解雇された義理の父は二回目の防衛戦の直前の控え室でハラビ選手を拳銃で撃つという事件を起こします。彼は逮捕され懲役6年。ハラビ選手は9回の手術を受ける重傷で、2ヶ月間の車イス生活のあと、復帰を目指してリハビリを開始しました。

 ボクサーとしての生命線である足と手を狙い撃ちされたハラビ選手の復帰への道は厳しいものだったでしょう。当初は担当の医師さえハラビ選手のカムバックが可能かどうか自信が無かったそうです。今回のポスターをよく見ると右手の甲に手術あとがあるのがわかりますね。

 そんな経緯で注目を浴びている今回の復帰戦ですが、ハラビ選手自身がプロモーターを手がけているということで、世界戦を4つも並べるという力の入ったイベントが実現しました。

 2年半のブランクがあっていきなり世界王座決定戦というけっこう無茶なメインの相手はイタリアのルチア・モレッリ選手。戦績から言うとトップクラスの選手ではありませんが、ハラビ選手のこれまでの相手と比べればまあまあの対戦者と言えるでしょう。

 この日は、ハラビ選手の試合のほかにも3つの女子世界戦が組まれ、さらに男子の6回戦もあるようですが、10回戦が4つ続くとひとつかふたつはKOが無いと見ているほうはキツイかもしれませんね(笑)。

 ともかく、大き過ぎる試練を乗り越えて、選手兼プロモーターとしてボクシング界に帰ってきたローラ・エル・ハラビ選手の復活を歓迎したいと思います。頑張れ、ローラ!

ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)11戦11勝6KO
ルチア・モレッリ(イタリア)20戦17勝3敗8KO
ニッキ・アードラー(ドイツ)8戦8勝6KO
マリヤ・ペヤコヴィッチ(セルビア)7戦4勝3敗1KO
マリア・リンドバーグ(スウェーデン)11戦8勝1敗2分2KO
エヴァ・ハラッシ(セルビア)16戦10勝6敗9KO
イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)15戦12勝3敗5KO
ミレーナ・コレヴァ(ブルガリア) 10戦5勝4敗1分

関連記事 ローラ・エル・ハラビ撃たれる ボクシング女子

関連記事 6月にWIBA/WIBFライト級タイトル戦 ローラ・エル・ハラビ VS ロリ・ムニョス 決定

banner_02 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月26日

マルセラ・アクーニャ vs カロリーナ・ドゥエル ノンタイトル10回戦 動画&結果 ボクシング女子

 Boxing

2012年12月21日(金) アルゼンチン ブエノスアイレス

55kg契約体重 10回戦
マルセラ・アクーニャ(アルゼンチン)銀のトランクス
VS
カロリーナ・ドゥエル(アルゼンチン)黒のスカート

 元WBCスーパーバンタム級世界王者でアルゼンチンボクシング界のカリスマであるマルセラ・アクーニャ選手(アルゼンチン)がノンタイトル10回戦をおこないました。


 アクーニャ選手はアルゼンチン女子選手の公式ライセンス第一号として知られるスーパースター。2010年に王座を返上し一時期は引退していましたが、2012年にカムバック、来年の1月には世界王座に返り咲く計画を明らかにしています。

 そんな中で組まれたノンタイトル10回戦。調整試合と言うには相手がWBOスーパーフライ級王者のカロリーナ・ドゥエル選手という豪華過ぎるカード。

 試合は10ラウンド終了のあと異様に発表に時間をかけての採点の結果、ユナニマスデシジョンでドゥエル選手の勝利となりました。しかし、これが96対96.5などという数字も出てくるいかにもあやしい判定内容。

 動画を見る限りこの試合でアクーニャ選手の負けはないと思います。一時期の絶対的な強さは見せていないのは事実としても、ノンタイトルでそこまで相手を追い込む必要もありませんし、ドゥエル選手に実力でまさっていることは伝わるファイトと思いました。

 今回の判定は、アルゼンチンのボクシング界がアクーニャ選手をしのぐスーパースターの誕生を願うあまりの焦りでしょうか?

 これが日本ならメディアは「ドゥエル選手が勝った」「完勝だ」と勝者側視点、興行者側視点だけの報道が垂れ流されるのでしょうが、アルゼンチンでは「雌虎(アクーニャ)は負けていない」「ドゥエル側に引き分け以上のものは無い」と判定に異議を唱える記事がいくつも出ています。アルゼンチンのボクシングメディアは健全だなと思いました。

55kg契約体重 10回戦
×マルセラ・アクーニャ(アルゼンチン)
判定 0−3
○カロリーナ・ドゥエル(アルゼンチン)
カロリーナ・ドゥエル選手の判定勝利。
(93.5ー97.5、96ー96.5、94.5ー98)

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。
マルセラ・エリアナ・アクーニャ(アルゼンチン) 43戦37勝6敗17KO
カロリーナ・ドゥエル(アルゼンチン) 17戦14勝3敗5KO

関連記事 WBCスーパーバンタム級王者マルセラ・アクーニャ 防衛戦に勝利

banner_02 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 16:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ボクシングの試合:2012.10〜12 

決定 大石綾乃 vs 佐々木仁子 WBCムエタイ日本フェザー級タイトルマッチ ムエタイ女子

 MuayThai

大石綾乃選手 佐々木仁子選手
2013年2月17日(日)東京 後楽園ホール
NJKF 2013 1st

WBCムエタイ日本女子フェザー級タイトルマッチ 2分5R
王者 大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者)
VS
挑戦者 佐々木仁子 ささきさとこ(チームドラゴン/元J-GIRLSフェザー級王者)

On February 17, 2013, WBC MuayThai Japan Featherweight Champion, Ayano Oishi will defend her title at Korakuen Hall in Tokyo, against Satoko Sasaki.

 ニュージャパンキックさんの2013年新春第一弾興行でビッグマッチが組まれます。大石綾乃選手と佐々木仁子選手の対戦です。このカードにかけられるのは大石綾乃選手の持つWBCムエタイ日本フェザー級王座。これは迫力の対決になりますね。

*日時 2013年2月17日(日)開場16:45 開始17:00
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 VIP席15,000円(パンフレット付き)/RS席10,000円/S席7,000円/A席5,000円/B席4,000円 当日券は各席種とも500円増し
*問合せ ニュージャパンキックボクシング連盟 03-6912-7247
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


関連記事 大石綾乃 vs ヨアンナ[ジョアンナ] 激闘動画 ホーストカップ  キックボクシング女子

関連記事 大石綾乃 vs ヨアンナ[ジョアンナ] 11月23日ホーストカップ 詳細 キックボクシング女子

関連記事 大石綾乃 中国デビュー戦 動画 武林風中日対抗戦 キックボクシング女子

関連記事 佐々木仁子 vs 神風萸暉美 Krush-EX 詳細 キックボクシング女子

関連記事 4年半の歳月を経てのリマッチ! AZUMA vs 佐々木仁子 II NJKFフェザー級タイトルマッチ 詳細 キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

未知 vs 千尋 ACCEL vol.22 結果 キックボクシング女子

 Kick Boxing

ACCEL vol.222012年12月24日(月・祝)兵庫県 神戸サンボーホール
ACCEL vol.22 聖夜決戦 戦士たちの聖夜in神戸サンボーホール

Gルール〔ヒジなし、首相撲からのヒザは二発まで〕 2分3R
×未知 みち(志真會館本部道場)
判定 0−2
千尋 ちひろ[井本千尋](KOKUSHI GYM)
マジョリティーデシジョンで千尋選手の勝利。

関連記事 キラッ☆Chihiro vs 未知 詳細 J-GIRLS 2012 FINAL キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

2012年12月25日

大石綾乃 vs ヨアンナ[ジョアンナ] 激闘動画 ホーストカップ  キックボクシング女子

 KickBoxing

2012年11月23日(金)名古屋国際会議場イベントホール
ホーストカップ 魂・其の壱(スピリットワン)

57Kg契約 ホーストカップルール3分3R
大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者、WBCムエタイ日本女子同級王者)
VS
ヨアンナ[ジョアンナ]・イェドジェイチク(ポーランド/IFMA世界ムエタイ選手権2012フェザー級金メダル)

 先月、名古屋でおこなわれた大石綾乃選手とヨアンナ選手の激闘の動画が公開されていますのでご紹介しましょう。

Joanna Jedrzejczyk vs. Ayano Oishi

 大石選手のパワーとスピリット、ヨアンナ選手の技術とクレヴァネス。日本王者と世界王者の誇りをかけた実に素晴らしい試合ですね。(ホーストカップさまの動画公開に感謝します)

57Kg契約 ホーストカップルール3分3R
×大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者、WBCムエタイ日本女子同級王者)
延長判定0−3
○ヨアンナ[ジョアンナ]・イェドジェイチク(ポーランド/IFMA世界ムエタイ選手権2012フェザー級金メダル)
本戦0−1で結着つかず延長のすえヨアンナ選手の判定勝利

関連記事 大石綾乃 vs ヨアンナ[ジョアンナ] 11月23日ホーストカップ 詳細 キックボクシング女子

関連記事 IFMA世界ムエタイ選手権大会2012 サンクトペテルブルグ 結果 ムエタイ女子

関連記事 大石綾乃 中国デビュー戦 動画 武林風中日対抗戦 キックボクシング女子

関連記事 ジョアンナ vs 佐々木仁子 J-GIRLS WJCフェザー級王者決定戦 女子キックボクシング

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

アマチュアボクシング女子に新しい大会が誕生 第一回は2013年4月後楽園ホール ボクシング女子

 Boxing

logo アマチュアボクシング連盟さんが来年から女子選手の強豪を集めた新しい大会をスタートすることを発表しました。第1回大会は来年4月2日(火)に後楽園ホールでおこなわれるとのこと。

 大会の詳細は未定ですが、全日本女子選手権の各階級の優勝者とそれに匹敵する国内・国外の実力者の対戦が考えられているということで、わたしたち見る側としても楽しめる大会になりそうです。

 また、ボクシング女子の知名度と選手及び関係者のモチベーションの向上、そして実戦的経験値獲得のためにも大変良いことだと思います。
海外のプロ興行で組まれたアマチュアマッチ 2009年3月ケイティー・テイラー VS キャロライン・バリー

 試合経験は大きく選手を育てます。ですから、試合機会がたくさんあることが望ましいのは言うまでもありません。

 通常のトーナメント形式の大会は参加選手の半数が第1試合で大会を終えてしまうので、選手育成の場としては不十分なことは明らかです。

 トップ選手に限定しないでワンマッチ形式の大会がもっとたくさんおこなわれるようになれば、日本のボクシング女子の飛躍も夢ではありません。これをきっかけとしていろんな形式の大会が増加することを期待します。

関連記事 第6回世界女子ボクシング決勝戦結果 と 女子アマチュアボクシングの「今」

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月24日

アマチュアボクシング 第11回全日本女子選手権 決勝 全階級結果 ボクシング女子

 Boxing

logo2012年12月24日(月・祝)山形市総合スポーツセンター
第11回全日本女子ボクシング選手権大会

 本日、山形市でアマチュアボクシング全日本女子選手権の決勝がおこなわれました。各階級の結果は以下のとおりです。

ライトフライ級決勝
×和田まどか わだまどか(田奈高校)
4−10
佐伯霞 さえきかすみ(大阪学芸高校)
佐伯霞選手の判定勝利

フライ級決勝
箕輪綾子 みのわあやこ(フローリスト蘭)
12−8
×新本亜也  しんもとあや(IBA)
箕輪綾子選手の判定勝利

バンタム級決勝
釘宮智子 くぎみやともこ(平成国際大学)
13−1
×黒木佳菜 くろきかな(日章学園高校)
釘宮智子選手の判定勝利

フェザー級決勝
×原本歩美 はらもとあゆみ(南京都高校)
6−9
林美涼 はやしみすず(上市高校)
林美涼選手の判定勝利

ライト級決勝
×熊谷麻里奈 くまがいまりな(エイティーワン)
3−17
藤野ちなせ ふじのちなせ(平成国際大学)
藤野ちなせ選手の判定勝利

ライトウエルター級決勝
小倉真由美 おぐらまゆみ(拓大紅陵高校)
RSC 第2ラウンド
×伊集院佑輝子 いじゅういんゆきこ(リフシア)
小倉真由美選手のRSC(レフリーストップ)勝利

ウエルター級 認定 (参加一名のため試合は無し)
明戸司 あけどつかさ(メトロコマース)

ミドル級決勝
山崎静代 やまさきしずよ(梅津倶楽部)
不戦勝
×石井智紋(福山平成大学)
石井智紋選手の棄権により山崎静代選手の不戦勝。

関連記事 アマチュアボクシング 第10回全日本女子選手権 決勝 全階級結果 ボクシング女子

関連記事 アマチュアボクシング 第1回タイペイカップ 新本亜也 釘宮智子 決勝戦 速報 ボクシング女子

関連記事 世界の長身女子ボクサー アン・ソフィー・マティス ホリー・ホルム ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 17:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ボクシングの試合:2011.10〜12 

古川夢乃歌 vs 大石久美 フライ級4回戦 詳細 ボクシング女子

 Boxing

2012年12月18日(火)東京 後楽園ホール
チャレンジ・スピリット・シリーズ

フライ級 4回戦
古川夢乃歌(尾張水野)赤
VS
大石久美(ワタナベ)青

古川夢乃歌選手 大石久美選手
 これが3戦目となる古川選手とプロデビュー戦の大石選手の対戦。続きを読む

queensofthering at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボクシングの試合:2012.10〜12 

きょうの1曲 『エース・オブ・スペーズ』 モーターヘッド Happy Birthday LEMMY!

 きょう12月24日はモーターヘッドの大将、レミー・キルミスターさんの誕生日。ハッピーバースデイ、レミー!最高のロックをありがとう。
PLAY LOUD!

queensofthering at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) きょうの1曲