2010年09月

2010年09月30日

新人対決 小笠原恵子 vs 半谷美里 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年9月22日(水)東京 後楽園ホール
トクホンダッシュエアロ第2弾

53kg契約4回戦
半谷美里(山木)赤
VS
小笠原恵子(トクホン真闘)青

小笠原恵子 vs 半谷美里
 女子の名門山木ジム久々のニューフェース半谷美里選手のデビュー戦。対戦相手はこちらも新人で、7月にTKOで派手なデビューを飾ったばかりの小笠原恵子選手(トクホン真闘)。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 1回 試合はいきなり激しい打ち合いでスタート。小笠原選手が看板となっている強打をガンガン振るいますが、半谷選手も負けずに打ち返します。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 しかし、やはりパンチ力では小笠原選手。豪快なフックが命中すると場内がどよめきます。

 ここで半谷選手が下がれば小笠原選手の得意な距離となり、試合は小笠原選手ペースとなるところですが...

小笠原恵子 vs 半谷美里
 半谷選手は少しも下がらないどころか、前進しながら手数を出します。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 しかし、パンチの的確さでは小笠原選手。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 2回 半谷選手は距離を取って足を使うボクシングにチェンジ。間合いをキープしながら左を使いはじめます。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 半谷選手がジャブを多用するとともに中に入れなくなる小笠原選手。半谷選手はときおり詰めてワンツーを浴びせます。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 3回 半谷選手が左を連射しながらいきなり接近、左右のラッシュを開始。

小笠原恵子 vs 半谷美里

小笠原恵子 vs 半谷美里
 強気に押していく半谷選手。

小笠原恵子 vs 半谷美里

小笠原恵子 vs 半谷美里
 半谷選手の前進は続きますがビッグパンチの被弾が目立ちます。

小笠原恵子 vs 半谷美里

小笠原恵子 vs 半谷美里
 半谷選手が打たれながらもプレッシャーをかけ続けてこの回はゴング。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 4回 この回も前に出続ける半谷選手。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 小笠原選手は打ち負けて下がっているというよりは、自分の距離を作りたいためのバックステップなのでしょうが、あまり続くと印象がよくありません...

小笠原恵子 vs 半谷美里
 と思っていたところに小笠原選手が強烈な右フック。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 ショートを打つ場面もあった小笠原選手ですが、まだまだ少ない感じ。これを多く出せれば下がる場面を減らせるかも。

小笠原恵子 vs 半谷美里
 半谷選手はパンチをうまくかわす場面を何回か見せてくれましたが、終盤にはきれいにもらってしまう場面も。

半谷美里コーナー
 判定を待つ半谷選手とセコンドのツナミ選手。

小笠原恵子選手
 判定は2−0で小笠原恵子選手。両者とも手数は同じくらいでしたが、パンチのキレと威力で小笠原選手だったと思います。

 ふたりとも積極的で光るものがあっていい新人です。階級的にも世界でのチャンスが多いスーパーフライ級周辺なので今後が楽しみですね。

小笠原恵子選手
 小笠原選手を祝福する山木会長。

53kg契約4回戦
×半谷美里(山木)
判定0−2
○小笠原恵子(トクホン真闘)
小笠原恵子選手が判定(マジョリティーデシジョン)で勝利。
(38−39、38−39、38−38)

この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになります。

小笠原恵子 おがさわらけいこ(トクホン真闘)2戦2勝1KO
半谷美里 はんやみさと(山木)1戦1敗

前回記事 小笠原恵子第2戦決定 相手は山木の新人半谷美里

関連記事 小笠原恵子 VS 村瀬生恵 ダブルデビュー戦 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

K−1スーパーファイト イム・スジョン VS 谷村郁江 決定 女子キックボクシング

icon_kickboxing

イム・スジョン2010年10月3日(日) 韓国 ソウル オリンピック第1体育館
K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament -FINAL16-

この試合はイム・スジョン選手の体調不良のため中止との発表がありました。

K−1ルール54kg契約 2分3R(延長1R)
イム・スジョン(韓国)[写真]
VS
谷村郁江(リアルディール)

 イム・スジョン選手の対戦相手が谷村郁江選手と発表されました。

 谷村郁江選手ブログ

 なお、この大会はUSTREAM K−1チャンネルhttp://www.ustream.tv/channel/feg-kumaで生中継されるそうです。

*日時 2010年10月3日(日)開始15:00
*場所 ソウル オリンピック第1体育館
*料金 VIP席1,100,000ウォン、SRS席220,000ウォン、S席77,000ウォン、A席22,000ウォン
*お問い合わせ FEG

関連記事 世界のキックボクシング 韓国編 イム・スジョン
関連記事 Kー1 レーナ VS イム・スジョン 結果
関連記事 イム・スジョン 負傷のためアメリカ上陸中止 女子ムエタイ
関連記事 ジェリー・サイツ フルムエタイ・ルールでTKO勝利 女子ムエタイ
関連記事 イム・スジョン vs 佐々木仁子 詳細 3月28日 J-GIRLS

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ


queensofthering at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.10〜12 

2010年09月29日

メリッサ・ヘルナンデスとリンジー・ガーバットがタイトル戦でリマッチ 決定 女子ボクシング

boxing


We-Fight-For-the-Cure2010年10月16日(土) アメリカ ニューメキシコ
"We Fight For the Cure"

GBU/WIBA/WBANスーパーフェザー級王座決定戦 10回戦
リンジー・ガーバット(カナダ)
vs
メリッサ・ヘルナンデス(アメリカ/プエルトリコ)

スーパーフライ級6回戦
モニカ・ラヴァト(アメリカ)
vs
キンバリー・トーメス(アメリカ)

ライトウェルター級6回戦
ベリンダ・ララクエンテ(アメリカ)
vs
アシュレイ・カリー(アメリカ)

ライト級6回戦
ミア・セント・ジョン(アメリカ)
vs
タミー・フランクス(アメリカ)

ライトウェルター級4回戦
ブレンダ・ゴンザレス(アメリカ)
vs
ジェシカ・ロホ(アメリカ)

バンタム級4回戦
ナタリー・ロイ(アメリカ)
vs
ラターシャ・カシアス(アメリカ)

 10月16日にアメリカで乳がん治療の支援イベントとして女子ボクシング大会が開かれます。

 メインはトップボクサーのメリッサ・ヘルナンデス選手と、彼女を今年6月に2−0の判定でやぶったカナダのリンジー・ガーバット選手の再戦という豪華なカード。しかも、スーパーフェザー級のベルトが3本かかったマルチタイトルマッチ。これは気になりますね。

リンジー・ガーバット(カナダ)8戦5勝3敗3KO
メリッサ・ヘルナンデス(アメリカ/プエルトリコ)17戦13勝2敗2分4KO

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.10〜12 

2010年09月28日

クリスティーナ・ジャルジェビックが本国で判定勝利 女子ムエタイ

icon_muaythai

quest12010年9月24日(金)オーストラリア シドニー オリンピックパーク・スポーツセンター

ムエタイ 55kg級
2分3ラウンド ヒジ・ヒザあり
クリスティーナ・ジャルジェビック(オーストラリア)
判定
×エンジェル・タウニー(オーストラリア)
クリスティーナ・ジャルジェビック選手の判定勝利

 8月下旬のGirls S-cup2010に参戦したクリスティーナ・ジャルジェビック選手[写真]が、本職であるムエタイに復帰して判定勝利を得ました。

 印象深かったあの大会から一ヶ月が過ぎて、各選手とも次の戦いが始まったようです。

関連記事 クリスティーナ・ジャルジェビック vs 高橋藍 写真で見るGirls S-cup2010 女子シュートボクシング

関連記事 RENA(レーナ) vs クリスティーナ・ジャルジェビック 詳細 女子シュートボクシング

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9 

注目の一戦が山口県で 森本烈 VS 東郷理代 決定 女子ボクシング

boxing


Togo2010年11月21日(日) 山口県周南市・徳山大学総合体育館

4回戦
森本烈(新日本周南)
vs
東郷理代(山木)〈写真〉


森本烈 もりもとれつ(新日本周南) 1戦1勝1KO

東郷理代 とうごうりよ(山木) 7戦4勝2敗1分4KO

*場所 山口県周南市・徳山大学総合体育館
*時間 開場12時00分 開始13時00分
*料金 リングサイド席6,000円、A席4,000円
*問い合わせ 新日本周南ボクシングジム

関連記事 原塚リオ vs 森本烈 結果
関連記事 フェニックスバトル 東郷理代 vs 三好喜美佳 詳細
関連記事 東郷理代 vs 三好喜美佳 II 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 07:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.10〜12 

2010年09月26日

WBC暫定王者エリカ・ファリアスと世界の女子ライト級戦線

boxing

 ライカ選手が東洋太平洋ライト級のベルトを獲得し次は再び世界への声もあるようですが、この階級の世界のベルトは現在、WBCがアン・マリー・サクラート選手、WBAがレイラ・マッカーター選手というふたりのアメリカ人選手の手にあります。しかし、アメリカ国内での女子ボクシング人気の低迷の影響か、ふたりともことしはまだ一度の試合もなく、いまのところその予定も無いようです。

 その沈滞ムードのアメリカを出し抜いて世界のトップになろうと狙っているのがアルゼンチンのエリカ・ファリアス選手(26才)。彼女はまだデビュー以来1年ちょっとのキャリアしかありませんが、次々と休み無しで試合をこなして全勝ロードを快走中。


エリカ・ファリアス(黒のコスチューム)VS ニコル・ウッズ

2010年9月17日(金)アルゼンチン ブエノスアイレス

WBCライト級暫定王座防衛戦
○暫定王者 エリカ・ファリアス(アルゼンチン)
2回 TKO
×挑戦者 ニコル・ウッズ(アメリカ)
エリカ・ファリアス選手がTKOで勝利。

 大スターマルセラ・アクーニャ選手の引退が秒読みに入ったアルゼンチンボクシング界では次のスターとしてファリアス選手をプッシュしており、その期待に応えて彼女は今年5月にWBCライト級暫定王座を獲得。さらに今月は動画でご覧いただいたように同暫定王座の防衛にも成功。今まさに波に乗ろうとしている感じ。

 サクラート選手やマッカーター選手と比較すればいろんな面でまだまだかもしれませんが、ファリアス選手の勢いには何を引き起こすか分からない可能性があります。

 今後、ファリアス選手は順当にWBCサクラート選手との正規/暫定王座統一戦となるのか、あるいはWBAマッカーター選手への挑戦となるのでしょうか?

 OPBF同級の実力者エリン・マクゴーワン選手(オーストラリア)やローラ・サパーステイン選手(オーストラリア)も当然、東洋と世界のベルトへの挑戦を視野に入れているでしょう。

 このところ静かだった女子ライト級戦線に、王座争奪の嵐が近づいてきているようです。

この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになります。

エリカ・ファリアス(アルゼンチン)9戦9勝5KO
ニコル・ウッズ(アメリカ)19戦11勝7敗3KO

前回記事 女子ボクシング 2010年5月のおもな動き

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 12:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年09月25日

ライカ VS ブロンウィン・ワイリー 他 To the Future Vol.07 結果 女子ボクシング

 Boxing

2010年9月24日(金)後楽園ホール
To the Future 〜未来へ〜 Vol.07

風神ライカ選手

OPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦10回戦
風神ライカ(竹原&畑山)
3−0
×ブロンウィン・ワイリー(ニュージーランド)
風神ライカ選手がユナニマスデシジョンで勝利。OPBF東洋太平洋ライト級王者に。

OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦10回戦
藤岡奈穂子(竹原&畑山)
3−0
×カニター・ゴーキャットジム(タイ)
藤岡奈穂子選手がユナニマスデシジョンで勝利。OPBF東洋太平洋ミニフライ級王者に。

47kg契約6回戦
×安藤麻里(フュチュール )
0−2
伊藤まみ(イマオカ)
伊藤まみ選手がマジョリティーデシジョンで勝利。
(伊藤選手が4回にバッティングで減点1)

アトム級4回戦
×田中奈浦子(フュチュール )
0−3
宮尾綾香(大橋)
宮尾綾香選手がユナニマスデシジョンで勝利。
(田中奈浦子選手が1回にバッティングで減点1)

プロトライアルマッチ 準公式戦 3回戦
谷美幸(フュチュール )
負傷判定
×橋本由貴子(神拳阪神)
谷美幸選手が負傷判定で勝利。

53kg契約4回戦
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)
2−1
×稲元真理(熊谷コサカ)
カイ・ジョンソン選手がスプリットデシジョンで勝利。

バンタム級4回戦
×北脇絵美(フュチュール )
0−3
石川範子(イマオカ)
石川範子選手がユナニマスデシジョンで勝利。
(北脇絵美選手は3回にダウン1)

アトム級4回戦
野口智代(ジャパンスポーツ)
3−0
×相川周子(ワールドスポーツ)
野口智代選手がユナニマスデシジョンで勝利。

51.5kg契約4回戦
奥山加津子(フュチュール )
3回 レフリーストップ TKO
×竹内久子(広島拳闘会)
奥山加津子選手がTKOで勝利。

プロトライアルマッチ 準公式戦 3回戦
黒田陽子(花形)
3−0
×佐藤理絵(熊谷コサカ)
黒田陽子選手がユナニマスデシジョンで勝利。

 9月24日後楽園ホールでおこなわれたTo the Future Vol.07では女子公式戦8試合、ヘッドギア着用の準公式戦2試合がおこなわれました。

ブロンウィン・ワイリーVSライカ
ブロンウィン・ワイリー VS ライカ

藤岡奈穂子VSカニター・ゴーギアットジム
藤岡奈穂子 VS カニター・ゴーギアットジム

 ダブルメインのOPBFタイトルマッチはいずれも日本人選手の順当勝ちが予想されましたが、ふたを開けてみれば外国人選手のがんばりと日本人選手の課題露呈(ライカ選手はいつものとおりのスロースターターぶり、藤岡選手はパンチ力とスタミナの欠如)で2試合ともフルラウンドの判定に。

安藤麻里VS伊藤まみ
安藤麻里 VS 伊藤まみ
 6回戦の安藤VS伊藤は大激戦でしたが打撃の的確性で伊藤選手。

宮尾綾香 VS 田中奈浦子
宮尾綾香 VS 田中奈浦子
 田中VS宮尾は試合運びのうまさで完全な宮尾選手のゲーム。

カイ・ジョンソン VS 稲元真理
カイ・ジョンソン VS 稲元真理
 カイVS稲元は両者とも過去のガムシャラファイトから一歩進んだきれいなボクシングで接戦。

北脇絵美 VS 石川範子
北脇絵美 VS 石川範子
 北脇VS石川は突進してくる北脇選手を石川選手が冷静に左右に開きながら迎撃。右でダウンを奪って勝利。

相川周子VS 野口智代
相川周子 VS 野口智代
 野口VS相川は期待にたがわぬ好試合。アトム級にありがちな手数だけの勝負ではなく、適時適打を意識した面白いボクシングで両者とも今後が楽しみ。

竹内久子 VS 奥山加津子
 奥山VS竹内は打ち込まれた竹内選手が一瞬棒立ちになったところでレフリーストップ。

 以上により各選手の戦績は次のようになります。

風神ライカ ふうじんらいか(竹原&畑山)28戦21勝6敗1分8KO
ブロンウィン・ウィリー(ニュージーランド)3戦2勝1敗
藤岡奈穂子 ふじおかなほこ(竹原&畑山)4戦4勝3KO
カニター・ゴーキャットジム(タイ)11戦8勝3敗
安藤麻里 あんどうまり(フュチュール)7戦4勝3敗2KO
伊藤まみ いとうまみ(イマオカ)12戦8勝3敗1分4KO
田中奈浦子 たなかなほこ(フュチュール)8戦3勝4敗1分
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)15戦8勝5敗2分
カイ・ジョンソン かいじょんそん(竹原&畑山)6戦3勝2敗1分
稲元真理 いなもとまり(熊谷コサカ)5戦3勝2敗
北脇絵美 きたわきえみ(フュチュール)6戦2勝3敗1分1KO
石川範子 いしかわのりこ(イマオカ)7戦5勝1敗1分1KO
野口智代 のぐちともよ(ジャパンスポーツ)7戦3勝3敗1分
相川周子 あいかわちかこ(ワールドスポーツ)9戦1勝8敗1KO
奥山加津子 おくやまかづこ(フュチュール )1戦1勝
竹内久子 たけうちひさこ(広島拳闘会)1戦1敗

(上記戦績はJBC公認以前からの通算)

関連記事 Detonation3 カード変更 ヘザー・オドンネル vs ブロンウィン・ウィリーに

関連記事 Detonation3 ヘザー・オドンネル vs ブロンウィン・ウィリー 結果

関連記事 フュチュール、竹原&畑山 9月24日合同興行決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 11:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 | 選手:風神ライカ

2010年09月24日

第6回世界女子ボクシング決勝戦結果 と 女子アマチュアボクシングの「今」

 Boxing

2010年9月9〜12日 バルバドス ブリッジタウン
AIBA世界女子ボクシング選手権大会2010

48kg級
金メダル メアリー・コム(インド)
銀メダル ステルタ・デュタ(ルーマニア)
銅メダル アリス・ケイト・アパリ(フィリピン)
銅メダル ナズゴル・ボーレンバイワ(カザフスタン)

49−51kg級
金メダル レン・カンカン[レン・ツァンツァン](中国)
銀メダル ニコラ・アダムス(イギリス)
銅メダル タチアナ・コブ(ウクライナ)
銅メダル ハンナ・マキネン(フィンランド)

52−54kg級
金メダル エレーナ・サヴェリエワ(ロシア)
銀メダル キム・ヘソン(北朝鮮)
銅メダル カロリーナ・アンナ・ミッチャルチェック(ポーランド)
銅メダル クシィラ・ネメディ・ワルガ(ハンガリー)

55−57kg級
金メダル ユン・クムジュ(北朝鮮)
銀メダル ヤン・イェンズ(中国)
銅メダル タッサマリー・トンジャン(タイ)
銅メダル リム・ジョイニ(チュニジア)

58−60kg級
金メダル ケイティー・テイラー(アイルランド)
銀メダル ドン・チェン(中国)
銅メダル クアニタ・リー・"クイーン" アンダーウッド(アメリカ)
銅メダル カロリーナ・グラチェック(ポーランド)

61−64kg級
金メダル グルスム・タタール(トルコ)
銀メダル ヴェラ・スルギナ(ロシア)
銅メダル カシミア・ジャクソン(アメリカ)
銅メダル クララ・スヴェンソン(スウェーデン)

65−69kg級
金メダル アンドレシア・ワッソン(アメリカ)
銀メダル サバンナ・マーシャル(イギリス)
銅メダル ヤン・ティンティン(中国)
銅メダル マリシェル・デ・ヨンク(オランダ)

70−75kg級
金メダル メアリー・スペンサー(カナダ)
銀メダル リー・ジンズー(中国)
銅メダル マリア・コバークス(ハンガリー)
銅メダル リリヤ・ドゥニワ(ウクライナ)

76−81kg級
金メダル ホゼリー・アマラル・フェイトーザ(ブラジル)
銀メダル マリーナ・ヴォルノワ(カザフスタン)
銅メダル ティミア・ナジ(ハンガリー)
銅メダル ワン・ヤンルイ(中国)

+81kg級
金メダル ナディージャ・トロポワ(ロシア)
銀メダル カテリーナ・カズェル(ウクライナ)
銅メダル リ・ユンフェイ(中国)
銅メダル カヴィタ(インド)

 今月、バルバドスでおこなわれた世界女子ボクシングの各階級決勝および準決勝は、上記一覧のような結果になりました。

 日本選手は結果だけを見れば、4人出場して釘宮智子新本亜也池原久美子の各選手が一回戦敗退、箕輪綾子選手は二回戦敗退という惨状でしたが、各選手とも最初から強豪選手との対戦(特に、新本亜也選手と箕輪綾子の対戦相手はどちらも今回その階級で優勝)となる不運があったためで、実力では出場各国に比べて特に劣っているというわけではないと思います。

 具体的に言えば、二回戦でロシアのサヴェリエワ選手に箕輪選手は7対3でやぶれましたが、この階級の決勝のサヴェリエワ選手とキム・ヘソン選手(北朝鮮)のスコアもまったく同じ7対3であり、対サヴェリエワ戦のスコアだけを見れば箕輪綾子選手と準優勝のキム・ヘソン選手の間には違いはありません。

 日本代表選手団は今回の結果に気を落とさないで次に向かって頑張ってください。

 連盟がトーナメント形式の競技会だけでなく、ワンマッチ形式の練習試合などを出来るだけたくさん組んで、次々に試合の機会を与えれば選手の経験値底上げに直結し、今後の日本選手団の活躍が期待出来ると思います。


2009年3月ケイティー・テイラー VS キャロライン・バリー

 さて、日本以外の結果に目を移せば、インドのメアリー・コム選手、カナダのメアリー・スペンサー選手、アイルランドのケイティー・テイラー選手などのスターボクサーが順当に金メダルに輝いていますが、各国の追い上げも厳しく、この競技全体のレベルが高くなっているようです。

 たとえば、ケイティー・テイラー選手は準決勝でクイーン・アンダーウッド選手(アメリカ)と対戦し、わずか2ポイント差で逃げきりましたが、テイラー選手はアンダーウッド選手の強打を浴びて危機一髪の状況まで追いつめられました(テイラー選手:赤とアンダーウッド選手:青)。アマチュア女子ボクシング界では新戦力が続々育っており、スター選手といえども安心していられる状況ではないようです。

 今回の動画は2009年にアイルランドでおこなわれたテイラー選手の試合です。アマチュア女子ボクシングで『スター』という言葉を使ってもピンとこない人もいるかと思いこの試合を貼りました。

 この試合についての詳細は過去記事のアマチュアボクシング世界王者ケイティー・テイラー プロ大会で活躍中をご覧ください。

 余談ですが、アマチュア女子ボクシングというとブカブカのノースリーブシャツにデカパンというコスチュームが定番でしたが、それも最近は少しずつ変化しはじめ、全体的にかなりスリムなシルエットになってきているようです。

 また、ボトムはトランクスではなくてスカートタイプを着用する選手も増えました。今回はメアリー・コム選手やクイーン・アンダーウッド選手がスカートタイプでした。

関連記事 第5回女子ボクシング世界選手権大会決勝 結果

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年09月22日

新人らしい好ファイト 小笠原恵子 vs 半谷美里 結果 女子ボクシング

boxing

2010年9月22日(水)東京 後楽園ホール
トクホンダッシュエアロ第2弾

小笠原恵子 vs 半谷美里

53kg契約4回戦
×半谷美里(山木)赤
判定0−2
小笠原恵子(トクホン真闘)青
小笠原恵子選手が判定(マジョリティーデシジョン)で勝利。

この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになります。

小笠原恵子 おがさわらけいこ(トクホン真闘)2戦2勝1KO
半谷美里 はんやみさと(山木)1戦1敗


前回記事 小笠原恵子第2戦決定 相手は山木の新人半谷美里

関連記事 小笠原恵子 VS 村瀬生恵 ダブルデビュー戦 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年09月21日

菊地奈々子 対 WBC王者アナベル・オルティス 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年9月13日(月) 後楽園ホール
ザ・カンムリワシ・ファイト Vol.36

菊地奈々子選手

アナベル・オルティス選手

WBCミニフライ級(ストロー級)タイトルマッチ 10回戦
王者 アナベル・オーティス(メキシコ)
VS
挑戦者 菊地奈々子(白井・具志堅)

菊地奈々子 vs アナベル・オーティス
 1回 菊地選手はこの階級の初代王者。オーティス選手は3代目の王者。後楽園ホールで実現した新旧王者対決に期待は高まりましたが...続きを読む

queensofthering at 16:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 | 選手:菊地奈々子

JーGIRLS Catch the Stone10 結果 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年9月20日(月)東京 新宿FACE
J-GIRLS -Catch The Stone 10-

54kg契約 2分3R(延長1R)
Little Tiger(F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
延長判定3−0
×坂本柚佳里(錬成塾)
Little Tiger選手の判定勝利。

Japan Queen Tournament 2010 一回戦
×田中佑季(青春塾)
延長判定3−0
紅絹(フォルティス渋谷)
紅絹選手の判定勝利。

Japan Queen Tournament 2010 一回戦
田嶋はる(アクティブJ)
判定3−0
×ジェット・イズミ(M16ムエタイスタイル)
田嶋はる選手の判定勝利。

アトム級王座挑戦者決定トーナメント決勝戦 2分3R(延長1R)
×美保(KFG)
判定0−3
山田真子(Weed GYM)
山田真子選手の判定勝利。

アラフォートーナメント2010(マキシマムクラス56kg契約)一回戦 2分3R(延長1R)
成沢紀予(フォルティス渋谷)
判定3−0
×佐竹のぞみ(鷹虎ジム)
成沢紀予選手の判定勝利。

スーパーライト級 ランキング査定試合 2分3R(延長1R)
モニカ(DRAGON GYM)
1RTKO
×ノックKAHORI(APKF/MTG GYM)
モニカ選手のTKO勝利。

ミニフライ級 2分3R
×武田ひろみ(エスジム)
1RTKO
PIRIKA(ミルキーウェイ)
PIRIKA選手のTKO勝利。

バンタム級 ランキング査定試合 2分3R(延長1R)
加賀有美子(名古屋JKF)
延長判定3−0
×林美久(バンゲリングベイ・スピリット)
加賀有美子選手の判定勝利。

フェザー級 2分3R
魅津希(空手道白心会)
判定3−0
×anna(FIGHT CHIX)
魅津希選手の判定勝利。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9 

2010年09月20日

真 vs 佐々木仁子 Krush 結果 女子キックボクシング

icon_kickboxing


krush!102010年9月20日(月)
東京 後楽園ホール
Krush 10

第3試合 女子フェザー級 K−1ルール
2分3R

×[まこと](峯心会)
判定0−3
佐々木仁子[ささきさとこ](チームドラゴン)
佐々木仁子選手の判定勝利。



にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9 

アステカ姫 ジャッキー・ナヴァ WBCスーパーバンタム級暫定王座防衛の動画 女子ボクシング

boxing

2010年8月21日(土) メキシコ バハ・カルフォルニア

WBCスーパーバンタム級暫定王座防衛戦 10回戦
暫定王者 ジャッキー・ナヴァ(メキシコ)
VS
挑戦者 マリア・ミランダ(コロンビア)


ジャッキー・ナヴァ(青のコスチューム)VSマリア・ミランダ(白のコスチューム)

 今回ご紹介しました動画はちょうど一ヶ月前にメキシコでおこなわれたWBCスーパーバンタム級暫定王座防衛戦のもようです。

 先日、女子ボクシングファン待望のドイツ/メキシコ王者対決を征したアナ・マリア・トレス選手、初来日で存在感を見せたアナベル・オーティス選手とならぶメキシコ女子ボクシング界の実力者がこのジャッキー・ナヴァ選手。

 ナヴァ選手は現在はWBCスーパーバンタム級の暫定王者ですが、正規王者のマルセラ・アクーニャ選手(アルゼンチン)が近日中の引退を発表しているため、その後は正規王者に昇格することが確実と見られています。

 動画は勝負が決まった第4ラウンドのみですのでよく分からないかもしれませんが、ナヴァ選手は技術的に高い丁寧なボクシングをするいい選手です。戦績も現在27戦22勝3敗で、これはアナ・マリア・トレス選手とまったく同じ。

 ここ数年、女子ボクシング王国と言われてきたドイツがイナ・メンツァー選手とアリシア・グラフ選手が続けて黒星を喫し、アルゼンチンの女帝アクーニャ選手が現役を退くとなると、次に女子ボクシングの中心地となるのは豊富なタレントをかかえるこのメキシコかもしれませんね。

WBCスーパーバンタム級暫定王座防衛戦 10回戦
○暫定王者 ジャッキー・ナヴァ(メキシコ)
4回 TKO
×挑戦者 マリア・ミランダ(コロンビア)

 この試合を含む両者の戦績は以下のようになりました。

WBCスーパーバンタム級暫定王者
ジャッキー・ナヴァ(メキシコ) 27戦22勝3敗2分11KO

マリア・ミランダ(コロンビア) 18戦13勝5敗8KO

関連記事 WBC王者 マルセラ・アクーニャ TKOで王座防衛 そして引退を正式表明
関連記事 WBAおよびWBCスーパーバンタム級タイトルマッチ マルセラ・アクーニャVSジャッキー・ナヴァ 結果

banner_02

qbar

queensofthering at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年09月19日

KOマシーン 山口直子 vs ペットサイルーン 東洋太平洋タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年9月13日(月) 後楽園ホール
ザ・カンムリワシ・ファイト Vol.36

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 山口直子(白井・具志堅)赤
VS
挑戦者 ペットサイルーン・ルークサイゴンディン(タイ)青

山口直子 vs ペットサイルーン
日本最強のKOマシーン山口直子選手に果敢に挑むペットサイルーン選手

 挑戦者のペットサイルーン選手は、プロデビュー以来1勝しかしていないようです。しかも、直近の試合は負け続き。それなのに、今月発表のOPBFランキングで初登場し、スーパーフライ級3位になっています。そして、それとほとんど同時にタイトル挑戦が決定。

 ぶっちゃけ、タイトルに挑戦させることが決まってからランキングが決まっているようなものです。なんといういい加減なランキング、そしてタイトルマッチ認定でしょうか。

 しかし、このランキングはペットサイルーン選手が作ったものでもなければ、タイのボクシング関係者が作ったものでもありません。現在のOPBF本部は日本にあり、このランキングは日本人のボクシング関係者が作っているものです。

 選手は真面目にやってるのに運営はコレですから、ボクシング人気がどんどん下がるのも当然なわけです。

 しかも、これまで20人前後が来日しているタイ人女子ボクサーはほんの2、3人の例外を別にすればほとんどが無気力な「倒れ屋」で、まともな試合は希有。このカードにはいい試合になる期待感などこれっぽっちもなかったのです。

山口直子選手

 しかし、ペットサイルーン選手はボクサーとしてのレベルは別として、少なくとも本物のファイターではありました。日本女子ボクシング界が誇る「倒し屋」山口直子選手に敢然と立ち向かい、試合を試合として成立させたのです。

山口直子 vs ペットサイルーン
 1回 山口選手はジャブで相手の力量をうかがいます。ペットサイルーン選手は出てきますが、山口選手はスッと動いて当てさせません。

山口直子 vs ペットサイルーン
 山口選手は上下に打ち分けるコンビネーション。まだ軽く流しているような感じ。

山口直子 vs ペットサイルーン
 ラスト30秒はかなりキツいパンチで攻めます。しかし、ペットサイルーン選手は平然とした表情。なかなかハートがあります。

山口直子 vs ペットサイルーン

山口直子 vs ペットサイルーン
 2回 30秒ほどが経過したその時、攻めてくるペットサイルーン選手の動き出しに合わせて前進した山口選手はすれ違いざまに右の高速カウンター。ペットサイルーン選手はストンとその場にダウン。キレ味抜群のパンチにどよめきが起こります。

山口直子 vs ペットサイルーン
 リスタート後も力まないで軽いフットワークからジャブを打つ山口選手。

山口直子 vs ペットサイルーン

山口直子 vs ペットサイルーン
 コーナーに詰まったペットサイルーン選手はもう駄目かと思われましたが、サイドステップで巧みに脱出。

山口直子 vs ペットサイルーン

山口直子 vs ペットサイルーン
 しかし、山口選手の追撃は厳しく、重いパンチを次々被弾。

山口直子 vs ペットサイルーン
 クリンチでなんとかその場をしのぎます。

山口直子 vs ペットサイルーン
 3回 苦戦しながらも勇敢に打ってくるペットサイルーン選手。

山口直子 vs ペットサイルーン

山口直子 vs ペットサイルーン
 しかし、山口選手のコンビネーションに対応出来ず右ストレートをもらってこの試合2度目のダウン。

山口直子 vs ペットサイルーン

山口直子 vs ペットサイルーン
 リスタート直後、王者は挑戦者をニュートラルコーナーにはりつけにして右ストレートでとどめ。

山口直子 vs ペットサイルーン
 レフリーのストップと同時に挑戦者はダウン。完璧なKO劇でした。

山口直子選手

山口直子選手

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 山口直子(白井・具志堅)
TKO 3回1分10秒
×挑戦者 ペットサイルーン・ルークサイゴンディン(タイ)
山口直子選手のTKO勝利。
(ペットサイルーン選手は2回と3回にダウン1)

 以上の結果により両選手の戦績は次のようになります。

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者
山口直子 やまぐちなおこ 19戦14勝2敗3分12KO

ペットサイルーン・ルークサイゴンディン(タイ)9戦1勝8敗
(戦績はJBC認定以前からの通算です)

関連記事 菊地 & 山口 ダブルタイトルマッチはダブルKO防衛

関連記事 菊地奈々子 vs ジェレミー・タバスタバス 東洋タイトルマッチ 詳細

関連記事 山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム 東洋タイトルマッチ 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

真 vs 佐々木仁子 Krushで対戦 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年9月20日(月)東京 後楽園ホール
Krush 10

krush!10第3試合 女子フェザー級 K−1ルール 2分3R
[まこと](峯心会)
VS
佐々木仁子[ささきさとこ](チームドラゴン)

*日時 2010年9月20日(日)開場17:00 オープニングファイト開始17:15 本戦開始18:00
*場所 後楽園ホール
*料金 SRS席¥10,500 RS席¥7,500 S席¥5,500 A席4,500円 立見3,500円
*問い合せ グッドルーザー 03-5351-8390  http://spora.jp/krush/

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9