2010年07月

2010年07月31日

小笠原恵子 VS 村瀬生恵 ダブルデビュー戦 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年7月27日(火)東京 後楽園ホール
トクホンダッシュエアロ

バンタム級4回戦
小笠原恵子(トクホン真闘)
VS
村瀬生恵(KS)

小笠原恵子選手
 青コーナー小笠原恵子選手。

村瀬生恵選手
 赤コーナー村瀬生恵選手。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 1回 村瀬選手は基本通りにジャブを放ってワンツー。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 柔らかい動きでこれをかわしながらワンツーを返す小笠原選手。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 さらに小笠原選手は村瀬選手のジャブに強烈な右をかぶせて攻勢。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 右ストレートで対抗する村瀬選手ですが、これは当たりが浅い。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 ガードが高く、上体も良く動く小笠原選手。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 小笠原選手は40秒を過ぎるくらいから右オーバーハンドで再び攻勢。

小笠原恵子 vs 村瀬生恵

小笠原恵子 vs 村瀬生恵
 そのまま攻め切ってレフリーストップTKO。

小笠原恵子選手

小笠原恵子選手
 タイムは初回54秒。小笠原恵子選手、見事な勝利でした。勝つぞという気迫にあふれた動き、柔軟で軽いフットワーク、発達した背中の筋肉、個性的なヘアスタイル、そして強烈なパンチ力。プロ向きのニューフェースの誕生です。

 村瀬選手は今回は早い時間にペースを失って力を出せず残念でしたが、デビュー戦でもっとひどい負け方をしてもその後に盛り返した選手は何人もいます。気を落とさないでがんばってください。

バンタム級4回戦
○小笠原恵子(トクホン真闘)
TKO 1回0分54秒レフリーストップ
×村瀬生恵(KS)
小笠原恵子選手のTKO勝利

 この試合を含む両者の戦績は以下のようになります。
小笠原恵子 おがさわらけいこ(トクホン真闘)1戦1勝1KO
村瀬生恵 むらせいくえ(KSジム)1戦1敗

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 18:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

世界王者アン・ウルフの娘 ジェニファー・ウルフ 4回戦で2勝目 女子ボクシング

boxing

アン・ウルフ ネクスト 女子ボクサーの最強は誰かを語る時に必ず出てくるのがアン・ウルフ選手(26戦24勝1敗1無効試合16KO)。

 彼女は6回戦時代にひとつの負けがありますが、その後はあまりにも強くなりすぎて対戦者が見つからないために男子との試合が組まれたり(直前にコミッションから中止命令)、レイラ・アリ選手に5000万円のファイトマネーでオファーをかけても断られたりなどの話題を残しながら2006年の試合を最後に引退し、現在は自分のジムを構えて何人ものボクサーを育てています。

 その中のひとりジェニファー・フェン・ウルフ選手(アン・ウルフさんの娘)は一時はオリンピックを目指していましたが、今年4月にプロデビュー、初陣を白星で飾りました。そして今月10日におこなわれた2戦目も見事に3−0のユナニマスで勝利。


7月10日 ジェニファー・ウルフ(上下とも黒のコスチューム) vs タミー・フランクス

 ジェニファー選手はお母さんに比べると小柄ですが、充分に可能性を感じさせるいい選手ですね。これで2戦目とは思えない落ち着きと反応の速さ、パワフルな右が印象的。

 動画に出てくる白い帽子の女性がジムの会長でこの大会のプロモーターでもあるアン・ウルフさん。若い頃にお父さんを殺人事件で亡くし、お母さんを病気で亡くし、貧乏のどん底でボクシングに出会い、自分のパンチだけをたよりにここまでやって来ました。

 彼女は着実に次の世代を育てているようです。

ジェニファー・フェン・ウルフ(アメリカ)2戦2勝1KO

関連記事 きょうの1枚 -001 女子アマチュアボクシング

関連記事 元世界チャンピオン アン・ウルフの新しい挑戦

関連記事 アン・ウルフ 戦う女性ボクサー〜お母さんの奮闘記

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年07月30日

NHK土曜スポーツタイム 小笠原恵子 デビュー戦を放送予定 女子ボクシング

boxing

小笠原恵子選手
小笠原恵子選手(トクホン真闘)

 今月27日に後楽園ホールでプロデビューしたバンタム級の小笠原恵子選手(トクホン真闘)の取材番組がNHK土曜スポーツタイムで放送されます。お楽しみに!

NHK土曜スポーツタイム
2010年7月31日
22:45〜

関連記事 小笠原恵子 VS 村瀬生恵 ダブルデビュー戦 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 放送/ネット配信/記録映画 

富樫直美 1600メートルのメキシコ高地で防衛戦 WBCライトフライ級 女子ボクシング

boxing

2010年9月4日(土) メキシコ ハリスコ州

試合日時が10月2日(土)に変更になりました。
 

WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者 富樫直美(ワタナベ)
VS
指名挑戦者 イルマ・サンチェス(メキシコ)

 正当な理由も無いのに作られた暫定王者との試合のため、前回は敵地のタイにまで引っ張り出されたチャンピオン富樫直美選手に一難去ってまた一難。今度はメキシコ人の指名挑戦者(その階級の1位の選手:WBCチャンピオンは1年に一度指名挑戦者と戦う規定)とメキシコの高地で戦うことになりました。

 開催地の標高は1600メートルと言われていますが、この高度では酸素濃度が平地の80パーセントしかないそうです。キツイ環境ですね。


2010年7月10日、イルマ・サンチェス(白と金のコスチューム)vs ソレダド・マセド(青のコスチューム)*この動画に音声はありません。

 挑戦者のイルマ・サンチェス選手は前哨戦として7月10日にソレダド・マセド選手(ウルグアイ)と戦い3−0の判定で勝利しています。上がその動画です。みじかすぎて内容まではわかりませんが、サンチェス選手は打ち合うタイプのようですね。富樫選手とは噛み合いそうです。

 なお、動画の最後でサンチェス選手がもらっているのがWBCさんが最近作った『シルバーベルト』というもので中央のプレートが銀色になっている以外はチャンピオンのものとほとんど同じ。

 シルバーベルトは「チャンピオンベルトの次に価値のあるベルト」なんだそうですが、なにがなんだかさっぱり分かりません。前哨戦でベルトがもらえちゃうんですから・・・。

WBCライトフライ級王者
富樫直美 とがしなおみ(ワタナベ) 8戦7勝0敗1分4KO

WBCライトフライ級1位 WBCフライ級ユース王者
イルマ・サンチェス(メキシコ) 22戦18勝3敗1分

前回記事 WBCライトフライ級王者 富樫直美 5度目の防衛はメキシコで

関連記事 WBCライトフライ級正規/暫定統一タイトルマッチ 富樫直美 vs ノンムアイ・ゴーギアットジム 結果

関連記事 WBCライトフライ級王者 富樫直美 殊勲の海外防衛について

関連記事 WBCライトフライ級正規/暫定統一タイトルマッチ 富樫直美 vs ノンムアイ・ゴーギアットジム 決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年07月29日

Girls S-cup2010 参加選手決定 女子シュートボクシング

icon_shootboxing

GIRL'S S-CUP2010

2010年8月29日(日) 東京 グランドプリンスホテル赤坂
SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup2010

 Girls S-cup2010トーナメントの参加選手と対戦組み合わせが発表されました。面白いメンバーがそろいました。これは楽しみですね。

1回戦

第1試合
RENA[レーナ](及川道場/Girls S-cup2009王者)
vs
渡辺久江 (池袋BLUE DOG GYM)

第2試合
サーサー・ソーアリー(タイ/WPMFフライ級王者)
vs
ケイト・マルティネス(アメリカ/IKFフライ級王者)

 *第1試合の勝者と第2試合の勝者が準決勝で対戦

第3試合
V一[ヴィーはじめ](MAX柔術&Yoga)
vs
サマンタ・ヴァンドール(オランダ)

第4試合
クリスティーナ・ジャルジェビック(オーストラリア)
vs
高橋藍(シーザージム)

 *第3試合の勝者と第4試合の勝者が準決勝で対戦

*日時 2010年8月29日(日) 開場14:00 本戦開始15:00
*場所 東京 グランドプリンスホテル赤坂
*料金 RRS席20,000円 RS席10,000円 S席6,000円 当日券は各500円増し
*問い合せ シュートボクシング協会 03−3843−1212

関連記事 RENA(レーナ) vs ☆MIKA☆、渡辺久江 vs 山田純琴 決定 6月6日 女子シュートボクシング

関連記事 RENA(レーナ) vs クリスティーナ・ジャルジェビック 詳細

関連記事 11月18日 V一(ヴィーはじめ) vs 悦・センチャイジム 詳細

関連記事 渡辺久江 vs 井川恵 詳細

関連記事 決定版! 女子シュートボクシング "Girls S-cup2009"  総集編

banner_02

qbar

queensofthering at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9 

2010年07月28日

キム・ジュヒ ひさびさのタイトルマッチの相手は超格下のあの選手 女子ボクシング

boxing

2010年9月4日(土)韓国

WIBA/WIBF/GBUライトフライ級タイトルマッチ
王者 キム・ジュヒ(韓国)
VS
挑戦者 ジュジース・ナガワ(フィリピン)

 何度か延期になっていたキム・ジュヒ選手のタイトル防衛戦ですが、どうやら9月にはおこなわれるようです。しかし、挑戦者の選定があまりにもひどいので、勝ってもキム・ジュヒ選手が評価されることにはならないでしょう。

 挑戦者のジュジース・ナガワ選手のこれまでの通算戦績は負け越し。直近の2試合も負け。しかもどちらもTKO負けです。普通はこの状態の選手にタイトル戦は認められません。

 さらにナガワ選手は8月に花形冴美選手との試合も予定されていて、たぶんこの試合も勝てないでしょう。

 こんな選手がタイトル戦とは...。キム・ジュヒ選手のタイトルを管理している各団体は「アジアでやる試合なんかどうでもいい」という認識なのでしょうね。世界王座の認定団体はどこもそれぞれの本拠地周辺を重要視し、それ以外は軽視する傾向がありますが、それにしてもこのタイトルはひどいです。

WIBAライトフライ級スーパー王者/WIBF/GBUライトフライ級王者
キム・ジュヒ(韓国) 15戦13勝1敗1分6KO

ジュジース・ナガワ(フィリピン)5勝(2KO)7敗1分

関連記事 WBOミニマム級王座決定戦 ティーラポン・パンニミット vs ホ・ウニョン 決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

ティーラポン・パンニミット vs NORIKO ノンタイトル  予定 女子ボクシング

boxing

2010年7月30日(金)タイ

50.8kg契約 6回戦
ティーラポン・パンニミット(タイ)
VS
NORIKO(日本)

 ムエタイのNORIKO選手がタイでティーラポーン・パンニミット選手と6回戦をおこないます。

WBOミニマム級王者
ティーラポーン・パンニミット(タイ) 13戦10勝3敗4KO

NORIKO(日本) 1戦1勝

関連記事 WBOミニマム級王座決定戦 ティーラポン・パンニミット vs ホ・ウニョン 決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 | 選手:つのだのりこ(角田紀子)

2010年07月27日

小笠原恵子 VS 村瀬生恵 バンタム級ダブルデビュー戦 結果 女子ボクシング

boxing

2010年7月27日(火)東京 後楽園ホール
トクホンダッシュエアロ

小笠原恵子選手
小笠原恵子選手(トクホン真闘)

バンタム級4回戦
小笠原恵子(トクホン真闘)
TKO 1回0分54秒レフリーストップ
×村瀬生恵(KS)
小笠原恵子選手のTKO勝利

 この試合を含む両者の戦績は以下のようになります。
小笠原恵子 おがさわらけいこ(トクホン真闘)1戦1勝1KO
村瀬生恵 むらせいくえ(KSジム)1戦1敗

関連記事 小笠原恵子 VS 村瀬生恵 ダブルデビュー戦 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年07月26日

JーGIRLS Catch the Stone 9 結果 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年7月25日(日)東京 新宿FACE
J-GIRLS -Catch The Stone 9-

第13試合 ミニフライ級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
○王者 神村エリカ(TARGET/WPMF世界ミニフライ級王者)
判定3−0
×挑戦者 安倍基江(アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2010準優勝)
神村エリカ選手の判定勝利。初防衛に成功。

第12試合 フェザー級王座決定戦 2分5R(延長1R)
大石綾乃(OISHI GYM)
判定
×桜朋梨恵(チーム・ティーラ)
大石綾乃選手の判定勝利で新王者に。

第11試合 バンタム級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
○王者 水野志保(名古屋JKF)
延長3−0
×挑戦者 陣内まどか(Black PUG)
水野志保選手の延長判定勝利。初防衛に成功。

第10試合 U−15ミニフライ級トーナメント決勝 Bリーグ特別ルール 1分30秒2R(延長1R)
新垣聖羅(鍛錬会)
判定2−0
×日下部奈々(OISHI GYM)
新垣聖羅選手の判定勝利。新王者に。

第9試合 バンタム級 2分3R
NANA☆SE(KING EXCEED) 
判定0−0
林 美久(バンゲリングベイ・スピリット)
判定ドロー。

第8試合 54kg契約 2分3R
×藤野恵実(和術慧舟會GODS)
判定0−3
魅津希(空手道白心会)(井上瑞樹より改名)
魅津希選手の判定勝利。

第7試合 アトム級王座挑戦者決定トーナメント準決勝2 2分3R(延長1R)
美保(KFG)
判定2−0
×PIRIKA(ミルキーウェイ)
美保選手の判定勝利。

第6試合 アトム級王座挑戦者決定トーナメント準決勝1 2分3R(延長1R)
山田真子(Weed GYM)
判定3−0
×丸中雅恵(ワイズスポーツジム)
山田真子選手の判定勝利。決勝に進出。

第5試合 U−15ミニフライ級トーナメント一回戦 Bリーグ特別ルール 1分30秒2R(延長1R)
×小川楓花(ドージョー☆シャカリキ)
判定0−3
新垣聖羅(鍛錬会)
新垣聖羅選手の判定勝利。決勝に進出。

第4試合 U−15ミニフライ級トーナメント一回戦 Bリーグ特別ルール 1分30秒2R(延長1R)
日下部奈々(OISHI GYM)
判定2−0
×室永真央(晴山塾)
日下部奈々選手の判定勝利。決勝に進出。

第3試合 アラフォートーナメント2010(マキシマムクラス56kg契約)一回戦 2分3R(延長1R)
成沢紀予(フォルティス渋谷)
判定3−0
×IZUMI(Studio-K)
成沢紀予選手の判定勝利。決勝に進出。

第2試合 アラフォートーナメント2010(マキシマムクラス56kg契約)一回戦 2分3R(延長1R)
佐竹のぞみ(鷹虎ジム)
判定3−0
×亜利弥'(FIGHT CHIX)
佐竹のぞみ選手の判定勝利。決勝に進出。

第1試合 バンタム級 2分3R
rak(KING EXCEED)
2ラウンドTKO
×鳥崎舞(レグルス池袋)
rak選手のTKO勝利。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 18:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9 

2010年07月25日

熱中症にはミネラル、貧血防止&高地対策には鉄分 女子ボクシング

boxing

 強烈にホットな毎日ですが、みなさまお元気でしょうか?夏といえば危険なのが熱中症。軽く見ないで最大限に気をつけましょう。暑さによる大量発汗で体外に出て行ってしまう水分とミネラルを十分に補給することで熱中症は予防出来ます。

 水分だけでなく、ミネラルも忘れないで。ミネラルはスポーツドリンクや、サプリメントなどで摂れますが、最近話題のミネラルキャンディー(塩飴)なんかもいいらしいですよ。

 また、暑い日に付きものなのが貧血。食欲不足であっさりとした食事が続いていると血の中の鉄分が不足して貧血になったりスタミナ切れになります。

 鉄分の多い食べ物と言ったらレバーですが、先頃のサッカーワールドカップでは、試合のずっと前から日本代表チームのキャンプで毎日毎日レバー料理が出されていたことが伝えられています。

 これは南アフリカの試合場が標高1400メートルの高地にあって非常に酸素が薄いのですが、鉄分を多く体内に持っていると少ない酸素量にも耐えて戦うことが出来るからです。


標高1600メートルで戦うジェイミー・クランピット選手(カナダ)とホリー・ホルム選手(アメリカ)

 高地で戦うことがあるのはサッカーだけではありません。ボクシングも同じです。

 メキシコのボクシング会場がとても高いところにあるのは良く知られていますが、来たる8月6日にホリー・ホルム選手とジェイミー・クランピット選手のタイトルマッチがおこなわれるアメリカ(ニューメキシコ州アルバカーキ)の試合会場も標高1600メートルにあります。

 日本の女子ボクシングも少しずつ世界に認められるようになってきていますので、ランクに名前の乗っている選手のみなさんはいつどこの国に呼ばれるかわかりません。行ってみたら高地の試合会場かもしれません。

 普段から鉄分をたくさん摂って高地での試合に備えましょう。鉄分はレバーや赤貝、ほうれんそう、シジミ、パセリ、はちみつなどに多く含まれてますよー。

【世界の都市の標高】
韓国 ソウル 20メートル
中国 上海 5メートル
中国 北京 55メートル
タイ バンコク 2メートル
アメリカ ニューヨーク 10メートル
アメリカ ラスベガス 600メートル
アメリカ アルバカーキ 1600メートル
カナダ オタワ 70メートル
カナダ カルガリー 1200メートル
イギリス ロンドン 15メートル
ドイツ ハンブルク 3メートル
フランス パリ 120メートル
イタリア ローマ 15メートル
スイス ベルン 540メートル
メキシコ メキシコシティ 2240メートル
ペルー リマ 140メートル
ウルグアイ モンテビデオ 30メートル
コロンビア ボゴタ 2600メートル
アルゼンチン ブエノスアイレス  25メートル
オーストラリア キャンベラ 600メートル

関連記事 ホリー・ホルム vs ジェイミー・クランピット 8月6日タイトルマッチ

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 17:45|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote トピック 

2010年07月24日

風神ライカ 東洋太平洋タイトルマッチ 決定 女子ボクシング

 Boxing

風神ライカ選手

2010年9月24日(金)後楽園ホール
To the Future 〜未来へ〜 Vol.07

OPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦10回戦
風神ライカ(竹原&畑山)
VS
ブロンウィン・ウィリー(ニュージーランド)

OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦10回戦
藤岡奈穂子(竹原&畑山)
VS
ヤニー・ゴーキャットジム(タイ)
挑戦者がヤニー選手からカニター・ゴーキャットジム選手(10戦8勝2敗)に変更。

47kg契約6回戦
安藤麻里(フュチュール )
VS
伊藤まみ(イマオカ)

アトム級4回戦
田中奈浦子(フュチュール )
VS
宮尾綾香(大橋)

53kg契約4回戦
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)
VS
稲元真理(熊谷コサカ)

バンタム級4回戦
北脇絵美(フュチュール )
VS
石川範子(イマオカ)

アトム級4回戦
野口智代(ジャパンスポーツ)
VS
相川周子(ワールドスポーツ)

51.5kg契約4回戦
奥山加津子(フュチュール )
VS
竹内久子(広島拳闘会)

 京都のフュチュールジムさんと東京の竹原&畑山ジムさんの女子8試合の合同興行のメインが正式に発表されました。風神ライカ選手とブロンウィン・ウィリー選手(ニュージーランド)の東洋太平洋タイトルマッチです。

 ブロンウィン・ウィリー選手は当ブログではムエタイの記事とOPBFランキングの両方でおなじみの選手ですね。

 しかし、この試合に関しては、ウィリー選手がムエタイの有力選手であるとは言っても、ボクシングのキャリアで大きく上回るライカ選手の有利は動きません。ライカ選手がOPBFチャンピオンになる可能性は非常に高いですね。

 ところで、OPBFのこの階級にはライカ選手のライバルになるだろう二人の強豪選手がひかえています。現在同級2位のエリン・マクゴーワン選手(オーストラリア)と3位のローラ・サパーステイン選手(オーストラリア)です。

 このふたりは将来OPBFあるいは世界のタイトル戦線でライカ選手に絡んでくるかもしれない優秀選手です。特にマクゴーワン選手は強いですよ。この選手は要チェックです。

WBCライト級8位
OPBFライト級1位
風神ライカ ふうじんらいか(竹原&畑山)27戦20勝6敗1分8KO

OPBFライト級4位
ブロンウィン・ウィリー(ニュージーランド)2戦2勝

WBCライトフライ級9位
OPBFミニフライ級1位
藤岡奈穂子 ふじおかなほこ(竹原&畑山)3戦3勝3KO

OPBFミニフライ級7位
ヤニー・ゴーキャットジム(タイ)7戦5勝2敗

安藤麻里 あんどうまり(フュチュール)6戦4勝2敗2KO

OPBFアトム級5位
伊藤まみ いとうまみ(イマオカ)11戦7勝3敗1分4KO

田中奈浦子 たなかなほこ(フュチュール)7戦3勝3敗1分

WBCアトム級8位
OPBFアトム級6位
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)14戦7勝5敗2分

カイ・ジョンソン かいじょんそん(竹原&畑山)5戦2勝2敗1分

OPBFバンタム級5位
稲元真理 いなもとまり(熊谷コサカ)4戦3勝1敗

北脇絵美 きたわきえみ(フュチュール)5戦2勝2敗1分1KO

石川範子 いしかわのりこ(イマオカ)6戦4勝1敗1分1KO

野口智代 のぐちともよ(ジャパンスポーツ)6戦2勝3敗1分

相川周子 あいかわちかこ(ワールドスポーツ)8戦1勝7敗1KO

奥山加津子 おくやまかづこ(フュチュール )デビュー戦

竹内久子 たけうちひさこ(広島拳闘会)デビュー戦

(上記戦績はJBC公認以前からの通算)

*日時 2010年9月24日(金)17:30開場/18:00開始
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 SRS席15,000円 RS席12,000円 A席10,000円 B席8,000円 先着自由席4,000円
*問い合せ フュチュールボクシングジム 075-254-1908

関連記事 Detonation3 カード変更 ヘザー・オドンネル vs ブロンウィン・ウィリーに

関連記事 Detonation3 ヘザー・オドンネル vs ブロンウィン・ウィリー 結果

関連記事 フュチュール、竹原&畑山 9月24日合同興行決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 | 選手:風神ライカ

2010年07月23日

女子ボクシングのレベルを証明する好試合 柴田直子 VS 小田美佳 6回戦 詳細

 Boxing

mega_fight392010年7月17日(土) 後楽園ホール
MEGA FIGHT 39

ミニフライ級6回戦
柴田直子(ワールドスポーツ)
VS
小田美佳(宮田)

 アマチュアボクシングからプロに転向する女子選手の多くがプロの4回戦を省略して6回戦からスタートするのに対して、柴田直子選手はアマでの実積がありながら4回戦からこつこつと勝ち星を積み上げてきた選手。今回が初の6回戦となります。

 対する小田美佳選手はJBC公認前からプロとしてのキャリアを持ち、すでに6回戦を2試合経験。しかし、直近の伊藤まみ戦では低レベルの殴り合いに終始するドローを演じてイメージダウン。テクニシャンの柴田選手との今回の試合が名誉挽回のチャンスです。

柴田直子 vs 小田美佳
柴田選手(青グローブ) 小田選手(赤グローブ)

1回 開始のゴングから積極的に手を出し合うふたり。軽快に足を使って動きながら、左ジャブで相手をうかがい、スキを見ては右を叩き込もうというスタイルの両者。一見とても似たボクシングをしているようですが、きれいなワンツーで先制ヒットを奪ったのは柴田選手。スピードとキレで若干上回っています。

柴田直子 vs 小田美佳
 さらに、小田選手の左に右クロスを合わせ、カウンターの腕を見せる柴田選手。続く返しの左フックもヒット。

柴田直子 vs 小田美佳
 2回 柴田選手に傾きかけている試合の流れをリセットしたい小田選手。距離を詰めていきなりの右で場内を沸かせて攻勢。小田選手のこの距離での当てカンには非凡なものがあります。

柴田直子 vs 小田美佳
 一瞬、打ち合いに応じる構えを見せた柴田選手ですが、しだいに距離を取り、攻撃をかわしながら中段を攻めます。

柴田直子 vs 小田美佳
 カウンターを織りまぜる上手な試合運びで距離と主導権をキープする柴田直子選手。

柴田直子 vs 小田美佳
 3回 積極的に出てくる小田選手の攻撃をしっかり防御しながら左ボディーブローを放った柴田選手は続いての右をアゴのあたりにジャストミート。

柴田直子 vs 小田美佳
 これが完全に効いてしまった小田選手はグラリと揺れながらキャンバスにヒザを着くダウン。

柴田直子 vs 小田美佳
 立ち上がってファイティングポーズをとる小田選手。カウントは8。この回はまだ1分20秒を残しています。

柴田直子 vs 小田美佳
 レフリーの試合続行の指示とともに猛然と打ちかかる柴田選手に、驚異的な回復力で応戦する小田選手。

 柴田選手は残り時間でストレート、フック、アッパーを繰り出して10発前後のクリーンヒットをマークしますが、小田選手の反撃意欲も旺盛。

 手数と、動きの正確性を保ったまま、このラウンドを乗り切り、打たれ強さと気持ちの強さを見せる小田選手。全力での死闘に沸き上がる場内。

柴田直子 vs 小田美佳
 4回 反撃に出てくる小田選手をバックステップでさばきながら距離を取った柴田選手。相手の様子を見ながらボディー打ちとカウンターで安全に時間を使いながら仕留める機会をうかがいます。

柴田直子 vs 小田美佳
 1分を過ぎたあたりから突如攻勢に出た柴田選手。上体の動きで避弾行動をとる小田選手はまだまだ元気そうに見えますが、足が止まっています。

柴田直子 vs 小田美佳
 自分の距離にもかかわらず打ち負け始めた小田選手。その様子を見てセコンドがタオルを投入。4回1分43秒、柴田選手がTKOで勝利しました。

柴田直子 vs 小田美佳
 小田選手には戦う余力がありましたが、勝敗は見えはじめていましたのでこのストップは適切でしょう。将来ある選手に無駄なダメージを与えないで勝負を切り上げた赤コーナーの英断に拍手をおくりたいと思います。

 そして、敗れたとはいえ、小田選手の戦いも見事でした。ダウン後の1分20秒を乗り切った3ラウンドに象徴されるように、この日の小田選手は終始冷静でした。

柴田直子選手
 柴田直子選手はこの勝利で戦績を6勝無敗3KOと伸ばしています。面白い女子ボクシングを見たいと思う人はこの人の名前を覚えてください。掛け値無しでいい選手です。

ミニフライ級6回戦
○柴田直子(ワールドスポーツ)
4回1分43秒TKO(タオル投入)
×小田美佳(宮田)
柴田直子選手のTKO勝利。
(小田選手、3回にダウン1)

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。

WBCミニフライ級17位
OPBF東洋太平洋ミニフライ級2位
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ) 6戦6勝3KO

OPBF東洋太平洋ミニフライ級5位
小田美佳 おだみか(宮田) 7戦4勝2敗1分1KO

関連記事 女子ボクシング 宮尾綾香 vs 柴田直子 フェニックスバトル 結果

関連記事 伊藤まみ VS 小田美佳 6回戦 5月12日 詳細 女子ボクシング

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:30|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

花形冴美 対戦相手がジュジース・ナガワに決定 女子ボクシング

boxing

花形スペシャル祭り2010年8月11日(水)東京 後楽園ホール
花形スペシャル祭り

46.5kg契約 6回戦
花形冴美(花形)
VS
ジュジース・ナガワ(フィリピン)

 花形冴美選手の試合の相手が男子のレミー・クァンボット選手となっていたのはやはり何かの間違いだったようで、ジュジース・ナガワ選手と訂正されました。

 ナガワ選手は今年4月に真道ゴー選手にTKO負けした直後の5月に無謀にもサムソン・トー・ブアマー選手とタイトルマッチをおこなって敗戦。2連続TKO負け中です。

 試合内容には期待出来そうもありませんね。

花形冴美 はながたさえみ(花形)6戦5勝1敗2KO
ジュジース・ナガワ(フィリピン)5勝(2KO)7敗1分

*日時 2010年8月11日(水)開場17:30開始18:00
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 RS席10,000円 指定席5,000円 先着自由席3,000円
*問い合わせ 花形プロモーション 045-932-0980

banner_02

qbar


queensofthering at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2010.7〜9 

2010年07月21日

WBC 2010年7月ランキング 女子ボクシング

boxing

WBC

WBC 2010年7月ランキング
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
アトム級(46.26kg)
 ★ チャンピオン 小関桃(青木)
 1 パク・ジヒョン(韓国)
 2 スザンナ・ワーナー(イギリス)
 3 アマラー・ゴーギアットジム(タイ)
 4 シン・ゴンジュ(韓国)
 5 池山直(中外)
 6 ジョディ・エスキベル(アメリカ)
 7 ソン・チョロン(韓国)
 8 グレチェン・アバニール(フィリピン)
 9 宮尾綾香(大橋)
10 ウィンユー・パラドーンジム(タイ)

13 秋田屋まさえ(ワイルドビート)↑1
14 越石優(山神)↑1
15 花形冴美(花形)↑1
16 小林悠梨(真正)↑1
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミニフライ(ストロー)級(47.62kg)
 ★ チャンピオン アナベル・オーティス(メキシコ)
 1 カリーナ・モレノ(アメリカ)
 2 リア・ラムナリン(トリニダード・トバゴ)
 3 多田悦子(フュチュール)
 4 ノンムアイ・ゴーギアットジム(タイ)
 5 イベス・ザモラ・シルバ(メキシコ)
 6 クリスティーナ・ベリンスキー(ハンガリー)
 7 藤岡奈穂子(竹原&畑山)LF9→MF7
 8 ジェシカ・チャベス(メキシコ)LF10→MF8
 9 ホリー・ダナウェイ(アメリカ)↓2
10 キム・ダンビ(韓国)

17 柴田直子(ワールドスポーツ)↓3
24 伊藤まみ(イマオカ)↓4
25 小田美佳(宮田)↓4
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライトフライ級(48.99kg)
 ★ チャンピオン 富樫直美(ワタナベ)
 1 イルマ・サンチェス(メキシコ)
 2 ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)
 3 菊地奈々子(白井・具志堅)
 4 エスメラルダ・モレノ(メキシコ)F6→LF4
 5 キム・ジュヒ(韓国)
 6 ステファニー・ダブス(アメリカ)↑2
 8 アジイェ・オズレム・サーヒン(ドイツ)↑10
 9 マリア・ロサ・タブッソ(イタリア)↓2
10 シャンテル・コルドバ(アメリカ)↑1
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
フライ級(50.80kg)
 ★ チャンピオン シモーナ・ガラッシ(イタリア)
 ★ 暫定チャンピオン マリアナ・フアレス(メキシコ)
 1 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
 2 ナディア・ラオウイ(ドイツ)
 3 ユリア・サーヒン(ドイツ)
 4 四ヶ所麻美(フラッシュ赤羽)↑3
 5 真道ゴー(クラトキ)↑1
 6 カロリーナ・マルセラ・グティエレス・ガイテ(アルゼンチン)↑2
 7 ベレム・ポサダス(メキシコ)↑4
 8 アーリー・ムシーノ(メキシコ)↑4
 9 アジーザ・オウバイタ(フランス)↑4
10 マルネーレ・ベラーノ(フィリピン))↑10
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパーフライ級(52.16kg)
 ★ チャンピオン アナ・マリア・トレス(メキシコ)
 1 エヴァ・ナイト(アメリカ)
 2 山口直子(白井・具志堅)
 3 ナディア・オクミー(フランス)F5→SF3
 4 アリシア・グラフ(ドイツ)↓1
 5 天海ツナミ(山木)↓1
 6 マグダレナ・ダーレン(ポーランド)↓1
 7 テリー・リン・クルーズ(アメリカ)↓1
 8 キム・ジヨン(韓国)
 9 エレナ・リード(アメリカ)↓2
10 オ・スヒョン(韓国)↓1

12 江畑佳代子(ワタナベ)↓2
14 藤本りえ(協栄)↓2
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
バンタム級(53.52kg)
 ★ チャンピオン ウサナコーン・ゴーギアットジム(タイ)
 1 エマニュエラ・パンターニ(イタリア)
 2 アニタ・クリステンセン(デンマーク)
 3 カリーシャ・ウェスト(アメリカ)
 4 スリーナ・ムニョス(メキシコ)
 5 ハガ・シュムレフェルドゥ・ファイネル(イスラエル)
 6 ロシレーテ・ドス・サントス(ブラジル)
 7 スージー・ラマダン(オーストラリア)SB6→B7
 8 ガリーナ・コレヴァ・イヴァノヴァ(ブルガリア)↓1
 9 ションデル・アルフレド(トリニダード・トバゴ)
10 ジョハナ・メンデス(アメリカ)SB10→B10
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・バンタム級(55.34kg)
 ★ チャンピオン マルセラ・アクーニャ(アルゼンチン)
 ★ 暫定チャンピオン ジャッキー・ナヴァ(メキシコ)
 1 アリシア・アシュレイ(アメリカ)
 2 リサ・ブラウン(カナダ)
 3 イスター・ショウテン(オランダ/ドイツ)
 4 エイダ・ベレス(プエルトリコ/アメリカ)
 5 アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ)
 6 ジェシカ・パトリシア・マルコス(アルゼンチン)↑1
 7 メリンダ・クーパー(アメリカ)↑1
 8 ケルシー・ジェフリーズ(アメリカ)↑1
 9 シャンテル・マルチネス(パナマ)↑2
10 オグレイディス・スアレス(ベネズエラ)↑2
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
フェザー級(57.15kg)
 ★ チャンピオン ジーニー・ガーサイド(カナダ)
 ★ 名誉チャンピオン シャロン・アニオス(オーストラリア)
 1 イナ・メンツァー(ドイツ)C→1
 2 サンディ・ツァゴーリス(カナダ)
 3 チェ・ヒョンミ(韓国)
 4 ジェニファー・バーバー(アメリカ)
 5 ステイシー・リール(アメリカ)↑1
 6 アダウィキ・ロペス(ドミニカ)↑1
 7 ジェリー・サイツ(アメリカ)↑1
 8 天空ツバサ(山木)↑1
 9 クラウディア・アンドレア・ロペス(アルゼンチン)↑1
10 エラ・ヌネス(アメリカ)↑2
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパーフェザー級(58.97kg)
 ★ チャンピオン オリビア・ペレイラ・ゲルーラ(カナダ)
 1 リンゼイ・ガーバット(カナダ)↑10
 2 ジェシカ・ラコッチー(カナダ)
 3 ジェリーナ・マジョナビッチ(カナダ)
 4 キナ・マルパルティーダ(ペルー)
 5 メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ)↓4
 6 ラモーナ・キューネ(ドイツ)Fe5→SFe6
 7 ウ・ジヘ(韓国)↓2
 8 アレハンドラ・オリベラス(アルゼンチン)SB6→SFe8
 9 マリーナ・クラシェニンニコワ(ロシア)↓2
10 水谷智佳(宮田)↓2
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライト級(61.23kg)
 ★ チャンピオン アン・マリー・サクラート(アメリカ)
 ★ 暫定チャンピオン エリカ・アナベラ・ファリアス(アルゼンチン)
 1 レイラ・マッカーター(アメリカ)
 2 ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)↑1
 3 グロリア・ラミレス(アメリカ)↑1
 4 チカ・ナカムラ(アメリカ/日本)↑2
 5 風神ライカ(竹原&畑山)↑3
 6 ブルック・ミルブルック(アメリカ)↓1
   (→ブルック・ディアドルフ)
 7 ベリンダ・ララクエンテ(プエルトリコ)↑2
 8 ダリス・パルド(コロンビア)↑2
 9 ミア・セント・ジョン(アメリカ)↑2
10 エリン・マクゴーワン(オーストラリア)SF9→L10
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・ライト級(63.50kg)
 ★ チャンピオン モニカ・シルビナ・アコスタ(アルゼンチン)
 ★ 暫定チャンピオン レリー・ルズ・フローレス(コロンビア)
 1 ホリー・ホルム(アメリカ)
 2 ミリアム・ラマール(フランス)
 3 ジェイミー・クランピット(カナダ)L2→SL3
 4 チベール・ホールバック(アメリカ)↓1
 5 クリス・ナムース(ウルグアイ)↓1
 6 エスター・フィリ(ザンビア)↓3
 7 メアリー・ミギー(アメリカ)↓1
 8 ニコール・ウッズ(アメリカ)↓1
 9 キンバリー・コナー(アメリカ)↓1
10 デュダ・ヤンコヴィチ(ユーゴスラビア/ブラジル)↓5
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウェルター級(66.68kg)
 ★ チャンピオン セシリア・ブレークフス(ノルウェー)
 1 ルチア・モレッリ(イタリア)↑1
 2 レイチェル・クラーク(アメリカ)↑1
 3 ヴィニ・スコフガート(デンマーク)↑1
 4 アデリタ・イライザリ(アメリカ)↑1
 5 モリー・マッコーネル(アメリカ)↑1
 6 ジル・エメリー(アメリカ)↑1
 7 ジェシカ・バログン(ドイツ)↑1
 8 ノニ・テンゲ(南アフリカ)↑1
 9 エイミー・ユラトヴァック(アメリカ)↑1
10 ミリアム・(モロッコ)↑2
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・ウェルター級(69.85kg)
 ★ チャンピオン クリスティ・マーチン(アメリカ)
 ★ 永久チャンピオン ジゼル・サランディ(トリニダード・トバゴ)
 1 アンナ・ガブリエル(コスタリカ)W1→SW1
 2 マリア・リンドバーグ(スウェーデン)↓1
 3 アンナ・イングマン(スウェーデン)↓1
 4 ダコタ・ストーン(アメリカ)
 5 アキマ・ストックス(アメリカ)
 6 オリビア・フォンセカ(アメリカ)↓3
 7 クリスティーナ・ハマー(ドイツ)↓1
 8 イボンヌ・ライス(アメリカ)↓3
 9 クーレイ・クピヘア(アメリカ)↓2
10 クイーン・チャバララ(南アフリカ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミドル級(72.57kg)
 ★ チャンピオン 王?男[ワン・ヤーナン](中国)
 1 コンエスティナ・アチェイン(ケニア)
 2 シェリー・セイヴァート(アメリカ)
 3 チャリティ・ムカミ(ケニア)↑1
 4 ダイアナ・キス(ハンガリー)
 5 エイプリル・ワード(アメリカ)
 6 エリアナ・マリア・レンチーナ(アルゼンチン)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・ミドル級(76.20kg)
 ★ チャンピオン ナターシャ・ラゴシーナ(ドイツ/ロシア)
 ★ 名誉チャンピオン レイラ・アリ(アメリカ)
 1 イオマ・エブニン(ナイジェリア)
 2 レティシア・ロビンソン(アメリカ)
 3 ラウラ・ラムジー(アメリカ)
 4 イヴァ・ウェストン(トリニダード・トバゴ)
 5 ミハエラ・ドラゴン(ルーマニア)
 6 バーバラ・コチシュ(ハンガリー)
 7 ピア・ポーター(ドイツ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヘビー級(79.38kg+)
 ★ チャンピオン 空位
 1 ジータ・ザティコ(ハンガリー)
 2 グウェンドリン・オニール(ガイアナ)
 3 カーレッテ・ イーエル(アメリカ)
 4 ベロニカ・ブラックマン(ガイアナ)
 5 パメラ・ロンドン(ガイアナ)
 6 タンジ・ダニエルス(アメリカ)
 7 ショデル・パークス(ガイアナ)
 8 シャロン・ワード(ガイアナ)
 9 イザベラ・トロク(ハンガリー)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 08:00|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ランキング 

2010年07月20日

ブレスレス・ムエタイ6 結果 女子ムエタイ

icon_kickboxing


BREATHLESS MUAY THAI 62010年7月18日(日)仙台 ZEPP仙台
ブレスレス・ムエタイ6 -BREATHLESS MUAY THAI 6-

64kg契約 2分3R キックルール首相撲あり
モニカ(DRAGON)
判定3−0
×小澤聡子(チームドラゴン)
モニカ選手の判定勝利。
(30−27、30−27、29−26)

52kg契約 2分3R キックルール首相撲あり
MITSUKI(DRAGON)
判定2−0
×カノム・シッソー(フリー)
MITSUKI選手の判定勝利。
(30−28、30−29、30−30)

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2010.7〜9