2009年07月

2009年07月31日

女子ボクシングの歴史的ビッグスター クリスティー・マーティン 最後の挑戦をスタート

boxing

2009年8月1日(土) アメリカ ウェストヴァージニア州 ハンティントン
"Coal Miner's Daughter Comes Home"

スーパーウェルター級 8回戦
クリスティー・マーティン(アメリカ)
 VS
シンバリー・ハリス(アメリカ)

クリスティー・マーティン ことしの9月でプロデビュー20周年を迎える「女子ボクシング初のビッグスター」で「女子ボクシングの歴史」でもあるクリスティー・マーティン選手が、最後の挑戦としてシリーズファイトに挑みます。

 1996年にスポーツ雑誌の権威である『スポーツ・イラストレイテッド』誌の表紙になり、男子の軽量級世界チャンピオンよりも高いファイトマネーを稼ぎ、数々の男子スーパーファイトの前座をつとめたマーティン選手も、ことしで41歳になりました。

 ここ一、二年は年間一試合のゆったりペースで戦い、いわばセミリタイヤ状態でしたが、今回、彼女は「生涯50勝達成」という大目標を立てて、リングに戻ってきました。現在47勝の彼女は、自分自身にあと3勝の課題を与えたのです。

 8月1日の試合は、彼女のために企画された『コールマイナーズ・ドーター・カムズ・ホーム』という大会のメインイベント。彼女はこの試合を含めて4試合のシリーズファイトを企画していて、その4戦を3勝以上でクリアすれば、50勝達成というわけです。

 今回の対戦相手のシンバリー・ハリス選手は、年齢がクリスティーと同じ41才。戦績は、5勝13敗と低調ですが、ハリス選手がいままでに戦った相手にはアン・マリー・サクラート選手、チカ中村選手、マリー・ジョー・サンダース選手、セシリア・ブレクフス選手などというビッグネームがずらり。これでは13敗も仕方のないところ。「わたしはクリスティーの48勝目にはならないわ」と戦意も旺盛のようです。

 クリスティ・マーティン選手、最後の花道、果たして計画どおりに行くのでしょうか。

WBCスーパーウェルター級3位
クリスティー・マーティン(アメリカ)55戦47勝5敗31KO

シンバリー・ハリス(アメリカ)18戦5勝13敗

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

イナ・メンツァー 今度の防衛戦の相手はIFBAフェザー級チャンピオン

boxing

2009年8月22日(土) ハンガリー ブダペスト

WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ 10回戦
王者 イナ・メンツァー(ドイツ)
 VS
挑戦者 ケルシー・ジェフリーズ(アメリカ)

 世界の女子ボクシング界に君臨するドイツ3人娘、その中でも最も女王としての風格を感じさせるイナ・メンツァー選手が、デビュー25戦目をハンガリーで戦うことになりました。もちろん、タイトルマッチです。

 対戦相手は、メンツァー選手の倍以上のキャリアを誇るアメリカの強豪ケルシー・ジェフリーズ選手。
ケルシー・ジェフリーズ選手

 ジェフリーズ選手は、1999年デビューの10年選手で、これまでにレイラ・マッカーター選手(2002年)、ジェリー・サイツ選手(2004年)などに判定勝利し、2006年にはメリッサ・ヘルナンデス選手に引き分けという堂々たる実績。51戦して41勝、現IFBAフェザー級チャンピオンです。

 現在のドイツ女子ボクシング界の人気は、決して一過性のブームやアイドル人気などではなく、このように確かな実力者を呼んで来て、次々にタイトルマッチで対戦させるという非常に厳しい真剣勝負の姿勢が、一流のスポーツとしての評価を受け、アスリート人気を確立させているのです。

 三流選手を連れてきて「低レベルでも勝てばOK」みたいな国とは、志(こころざし)が違います。

 ぬるま湯の「お嬢ちゃんボクシング」に誰もお金は出しません。

WIBFおよびWBCフェザー級チャンピオン
イナ・メンツァー(ドイツ)24戦24勝9KO

IFBAフェザー級チャンピオン
ケルシー・ジェフリーズ(アメリカ)51戦41勝9敗1分4KO

関連記事 女子ボクシング WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ イナ・メンツァー vs フランチェスカ・アルカンター 結果

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

『女パッキャオ』アナ・ジュラトン メリッサ・ヘルナンデスのWIBAタイトルに挑戦

boxing

2009年9月18日(金) アメリカ カリフォルニア州 チュマシュ・カジノ

*この試合はカード変更になりました。


WIBAスーパーフェザー級タイトルマッチ 10回戦
王者 メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)  
vs
挑戦者 アナ・ジュラトン(フィリピン/アメリカ)

 フィリピン系アメリカ人の女子ボクサー、アナ・ジュラトン選手が初めての世界タイトルに挑戦します。

 ジュラトン選手は、フィリピンの英雄マニー・パッキャオ選手と同じジムに所属し、パッキャオ選手と同じようにフレディー・ローチ氏に教えを受けている有能なボクサーで『女パッキャオ』と呼ばれています。


(動画はアナ・ジュラトン選手のプロデビュー戦)

 彼女はアマチュアでの経験が長く、アメリカ国内ではいくつものタイトルをとってよく知られる存在でした。プロ入り後、5戦負け無し(4勝1分)で存在感をアピールし、6戦めにWBCスーパーバンタム級インター王座決定戦にのぞみましたが、ドミンガ・オリボ選手(アメリカ)に僅差の判定で敗北、この試合が再起戦となります。

 ジュラトン選手にとって約一年ぶりの試合となりますが、マニー・パッキャオ選手やルシア・ライカー選手を育てた名トレーナーのローチ氏のもとで、どのようにスキルアップをはたしているのかが注目される試合です。階級をふたつ上げてますのでパワーもついていることでしょう。

 しかし、今回の対戦相手は世界チャンピオン。風神ライカ選手がアメリカ修行に行った時に練習相手になってくれたメリッサ・ヘルナンデス選手です。

 ヘルナンデス選手は、プロで14戦して負けはレイラ・マッカーター選手に喫したひとつだけ。しかも、負けた直後にリターンマッチを挑んで今度はマッカーター選手に勝っているというすごい人。

 ジュラトン選手がヘルナンデス選手に挑戦することはリスキー過ぎるという意見もありますが、いったいどのような結末になるでしょうか。

WIBAスーパーフェザー級チャンピオン
WBCスーパーフェザー級3位
メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)14戦11勝1敗2分4KO

WBCスーパーバンタム級12位
アナ・ジュラトン(フィリピン/アメリカ)6戦4勝1敗1分1KO

関連記事 メリッサ・ヘルナンデス タイトル前哨戦を余裕で突破

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

2009年07月30日

女子ムエタイ 八王子格闘祭り 大石ゆきの vs 悦・センチャイジム

icon_muaythai

2009年8月2日(日) 八王子・京王プラザホテル
八王子格闘祭り 〜ムエタイの壁〜

第2試合 女子ルール 2分3R
大石ゆきの(OISHI GYM)
vs
悦・センチャイジム(センチャイムエタイジム)

*日時 2009年8月2日(日)開場16:30 開始17:00
*会場 八王子・京王プラザホテル
*料金 SRS席¥15,000 RS席¥10,000 A席¥7,000(残りわずか)B席¥5,000 自由席(当日販売のみ、席はなくなり次第立見)¥3,000
*問い合わせ DEEK総合企画 イベント開発事業部:042-527-9333

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2009.7〜9 

コリーン・ド・グルー 2年半ぶりの復帰戦でいきなりのWIBA世界タイトルマッチが決定

boxing

2009年9月26日(土) ガイアナ ジョージタウン

WIBAバンタム級王座決定戦
コリーン・ド・グルー(カナダ)
VS
ションデル・アルフレッド(ガイアナ)


(コリーン・ド・グルー選手動画。音量注意!)

 警察官からプロボクサーになり、その後、映画女優、テレビ・タレントという異色のキャリアの持ち主、コリーン・ド・グルー選手(カナダ)が、久しぶりにボクシングに帰って来ます。

 しかも、いきなりのタイトルマッチ。空位のWIBAバンタム級王座をめぐって、ガイアナ王者ションデル・アルフレッド選手とガイアナの首都で戦います。

 無敗のコリーン選手が連勝を伸ばしての戴冠か、ホームのションデル選手が大金星で王座獲得となるのか、結果がとっても気になります。

コリーン・ヴァン・リック・ド・グルー(カナダ)11戦11勝5KO

ションデル・アルフレッド(ガイアナ)15戦10勝5敗3KO

関連記事 ニュー・グラディエイターは女子プロボクサー

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

2009年07月28日

女子ムエタイ ジュリーキッチン ISKA世界王座獲得

icon_muaythai

ジュリー・キッチン2009年7月26日(日)イギリス コーンウォール ペンザンス・レジャーセンター
"JUDGEMENT DAY"

ISKA66.6kgムエタイ世界タイトルマッチ 3分5ラウンド
ジュリー・キッチン(イギリス)
判定3−0
×ナタリー・ファズ(アメリカ)
ユナニマスでジュリー・キッチン選手の勝利

60kg級 ムエタイルール 2分5ラウンド
×キャズ・ブリクストン(イギリス)
判定
アネベール・ゲリー(イギリス)
アネベール・ゲリー選手の判定勝利

58kg級 ムエタイルール 2分5ラウンド
ルーシー・ペイン(イギリス)
判定
×クラウディア・セルダー(イギリス)
ルーシー・ペイン選手の判定勝利

 4月のバンコク、6月のジャマイカと連続でムエタイの世界タイトルを獲得したジュリー・キッチン選手(イギリス)が、今度はホームのイギリスでISKAムエタイのタイトルを獲得。ものすごい勢いでベルトのコレクションを増やしていますね。

 キッチン選手は、すでに、10月と12月の試合の予定も決まっているとのこと。このうち12月はタイの王様の誕生日の記念試合だそうです。

前回記事 女子ムエタイの人気選手 ジュリー・キッチン 今月もタイトルマッチ

猪崎さんの世界戦のことバナー

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

J-GIRLS Champion Festival 2009 テレビ放送は8月5日

icon_kickboxing


 7月26日に新宿FACEで行われたJ GIRLSの大会の模様が、スカイA sports+のJ KICKキックボクシング放送枠でオンエアされます。

スカイA sports+(ケーブルおよびスカパー)
放送予定:
 8月5日(水)24:30〜26:30
 8月7日(金)22:15〜24:15
 8月20日(木)23:30〜25:30


J-GIRLS Champion Festival 2009 主なカード

田嶋はる(アクティブJ)vs 神村江里加(TARGET)
杉貴美子(SOLID FIST)vs グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷)
佐々木仁子(チームドラゴン)vs 成沢紀予(フォルティス渋谷)
Little Tiger(TEAM TIGER)vs 山田純琴(y-park)
708なおみ(空修会館)vs 岡田円(総合格闘技アングラー)
PIRIKA(ミルキーウェイ)vs 薔薇(エスジム)
谷村郁江(リアルディール)vs マドリーヌ・フェニックス(PHOENIX)
田中佑季(青春塾)vs 紅絹(フォルティス渋谷)
林田昌子(藤原ジム)vs 安倍基江(アカデミア・アーザ)
AZUMA(y-park)vs 水野志保(名古屋JKF)
大石綾乃(OHISI GYM)vs NANA☆SE(KING EXCEED)

試合結果はこちら 女子キックボクシング J-GIRLS Champion Festival 2009 試合結果

スカイA sports+


にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 放送/ネット配信/記録映画 

2009年07月27日

女子キックボクシング J-GIRLS Champion Festival 2009 試合結果

icon_kickboxing


2009年7月26日(日) 東京 新宿FACE
Champion Festival 2009

第13試合 J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ 2分5R
×王者 田嶋はる(アクティブJ)
判定0−2
○挑戦者 神村江里加(TARGET)
神村江里加選手の判定勝利。ミニフライ級新王者に。

第12試合 J-GIRLSフライ級タイトルマッチ 2分5R
×王者 杉貴美子(SOLID FIST)
判定0−3
○挑戦者 グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷)
グレイシャア亜紀選手の判定勝利。フライ級新王者に。

第11試合 バンタム級王座決定戦1DAYトーナメント決勝 2分3R(延長1R)
水野志保(名古屋JKF)
判定3−0
×大石綾乃(OHISI GYM)
水野志保選手の判定勝利。バンタム級新王者に。

第10試合 J-GIRLSフェザー級タイトルマッチ 2分5R
○王者 佐々木仁子(チームドラゴン)
判定3−0
×挑戦者 成沢紀予(フォルティス渋谷)
佐々木仁子選手の判定勝利。フェザー級防衛に成功。

第9試合 Japan Queen Tournament 2009 決勝50kg契約 2分3R(延長1R)
安倍基江(アカデミア・アーザ)
判定
×田中佑季(青春塾)
安倍基江選手の判定勝利。Japan Queen Tournament 2009優勝。

第8試合 ミニフライ級 2分3R
×Little Tiger(TEAM TIGER)
判定0−3
山田純琴(y-park)
山田純琴選手の判定勝利。

第7試合 スペシャルワンマッチマッチ49kg以下契約 2分3R
×708なおみ(空修会館)
判定0−3
岡田円(総合格闘技アングラー)
岡田円選手の判定勝利。

第6試合 50kg契約 2分3R
PIRIKA(ミルキーウェイ)
1ラウンドKO
×薔薇(エスジム)
PIRIKA選手のKO勝利。

第5試合 バンタム級 2分3R
谷村郁江(リアルディール)
判定3−0
×マドリーヌ・フェニックス(PHOENIX)
谷村郁江選手の判定勝利。

第4試合 J-GIRLSバンタム級王座決定1DAYトーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
水野志保(名古屋JKF)
延長判定3−0
×AZUMA(y-park)
水野志保選手の判定勝利。決勝戦に進出。

第3試合 J-GIRLSバンタム級王座決定1DAYトーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
大石綾乃(OHISI GYM)
判定3−0
×NANA☆SE(KING EXCEED)
大石綾乃選手の判定勝利。決勝戦に進出。

第2試合 Japan Queen Tournament 2009 準決勝50kg契約 2分3R(延長1R)
田中佑季(青春塾)
延長判定3−0
×紅絹(フォルティス渋谷)
田中佑季選手の判定勝利。決勝戦に進出。

第1試合 Japan Queen Tournament 2009 準決勝50kg契約 2分3R(延長1R)
×林田昌子(藤原ジム)
判定0−3
安倍基江(アカデミア・アーザ)
安倍基江選手の判定勝利。決勝戦に進出。


にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2009.7〜9 

2009年07月26日

やてもうた 中国K−1軍団 ラスベガス侵攻に失敗! ビザ関係でアメリカ上陸出来ず 全カード差し替えの異常事態

icon_kickboxing

クリスティーン・トレド2009年7月25日(土)アメリカ ネバダ州 ラスベガス・ヒルトン

*中止
K−1ルール 2分3R
クリスティーン・トレド(アメリカ)
VS
郑野楠[チャン・ヤーナン/ジュヨン・イエナン](中国)

 7月25日に開催が予定されていた『武林風』(中国版K−1)ラスベガス大会が、中国選手団6人全員がビザの取得に失敗したため、全カードが差し替えになり、中国選手団抜きの大会になりました。

 ボクシングの内藤大助選手の中国での世界タイトルマッチ中止事件、水谷智佳選手と中国選手の東洋タイトルマッチ中止事件に続き、キックボクシングでも前代未聞のこの不祥事。

 中国ではスポーツビジネスやスポーツ文化というものが、根本的に理解されていないのでしょうね。

 さて、唯一の女子マッチとして予定されていたクリスティーン・トレドVS郑野楠[チャン・ヤーナン]は、幸か不幸か、クリスティーン・トレド選手と、キックの実力者ジェリー・サイツ選手(アメリカ)の対戦という豪華カードに変更になりました。

キックボクシング
×クリスティーン・トレド(アメリカ)
判定0−3
○ジェリー・サイツ(アメリカ)

 結果は急遽出場したジェリー・サイツ選手がユナニマス・デシジョンで勝利。ジェリー・サイツ選手は、ボクシングでもWBC世界9位という実力者ですが、突然のオファーでこの結果はさすがです。

 今回は体重調節の期間が無かったので、サイツ選手のほうが4ポンドも重く、あきらかにトレド選手が不利でした。それでも大会を成立させるために試合に応じた彼女はプロとして立派だと思います。

関連記事 WBCフェザー級3位 UKFライト級王者 ジェリー・サイツ

関連記事 中国式Kー1『武林風』 7月25日ラスベガスに上陸

猪崎さんの世界戦のことバナー

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2009.7〜9 

IFBAストロー級王者パク・ジヒョン防衛に成功

boxing

パク・ジヒョンvsジョディー・エスキベル2009年7月25日(土) 韓国 京畿道プチョン市 プチョン体育館

IFBAストロー級(=アトム級)チャンピオン
パク・ジヒョン(韓国)
 判定3−0
×ジョディー・エスキベル(アメリカ)
ユナニマス・デシジョンでパク・ジヒョン選手が判定防衛
95−93、98−92、98−93

 昨日、韓国で行なわれたIFBAストロー級(JBCでのアトム級)タイトルマッチは、チャンピオンのパク・ジヒョン選手(韓国)が、3−0の判定でジョディー・エスキベル選手(アメリカ)をくだし、王座の防衛に成功しました。

 韓国でいま一番勢いがあるのは、パク・ジヒョン選手かもしれませんね。彼女は、WBAでは多田選手の階級の5位。もしも二人が激突するようなことがあれば、いい試合になるような気がします。

 今回の試合の結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

IFBAストロー級(=アトム級)チャンピオン
WBAミニマム級5位
パク・ジヒョン(韓国)11戦9勝2敗4KO

IFBAミニフライ級2位
WBCミニフライ級4位
ジョディー・エスキベル(アメリカ)10戦5勝4敗1分2KO

前回記事 IFBAストロー級王者パク・ジヒョン 7月25日に防衛戦

関連記事 IFBAアトム級王者パク・ジヒョン 三度目の防衛に成功

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

2009年07月25日

女子ボクシング エリン・マクゴーワン vs アンジー・パー 結果

boxing


2009年7月23日(木) オーストラリア オーストラリア首都特別区

スーパーフェザー級 6回戦
エリン・マクゴーワン(オーストラリア)
 判定 3−0
×アンジェラ・リヴェラ・パー(オーストラリア)
エリン・マクゴーワン選手の判定勝利
(60−55、59−56、58−56)

 10戦全勝の*PABAスーパーフェザー級チャンピオン、エリン・マクゴーワン選手が、23日にアンジェラ(アンジー)・パー選手と6回戦をおこなって、ユナニマスデシジョンで勝利。これでマクゴーワン選手は11戦全勝に戦績を伸ばしました。

 対戦相手のアンジェラ・パー選手は先月、ジュリー・キッチン選手とムエタイ世界タイトルマッチを戦ったばかり。ボクシングに、キックに、ムエタイと、精力的な活動に頭が下がります。

 現在の日本にはこのようなマルチファイターは一人もいません。他競技と掛け持ちで活動する選手には、ボクシングのライセンスが発行されないからです。キック/ムエタイの選手で、ボクシングでも活動したいと思っている選手はいるのに、残念なことです。


(昨年、エリン・マクゴーワン選手がPABAスーパーフェザー級タイトルを獲得した時の動画)

この結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

PABAスーパーフェザー級チャンピオン
WBAスーパーフェザー級12位
エリン・マクゴーワン(オーストラリア) 11戦11勝7KO

アンジェラ・リヴェラ・パー 4戦2勝2敗

*PABA(パンアジアボクシング協会) WBA系のアジア太平洋地区認定組織

関連記事 女子ムエタイ ジュリー・キッチン VS アンジェラ・リヴェラ・パー ジャマイカでの決戦

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

2009年07月24日

緊急決定!WKBFアトム級世界タイトルマッチ ミッシェル・プレストン vs アディ・ロテム

icon_kickboxing

2009年8月1日 ニュージーランド オークランド市 コーラルリーフ競技場
"FEEL THE FURY"

WKBF女子アトム級世界タイトルマッチ
ミッシェル・プレストン(イングランド/ニュージーランド)
VS
アディ・ロテム(イスラエル/オランダ)

WKBF66kg級 ニュージーランドタイトルマッチ
ナタリア・テラー
VS
ニコール・カバナック

WKBF55kg級 ニュージーランドタイトルマッチ
ボニー・ポーター
VS
アンジェラ・ベネット

 8月2日に韓国で開催されるK−1への参戦が決まっていながら、対戦相手のイム・スジョン選手(韓国)の負傷のために、試合が延期されてしまったアディ・ロテム選手(イスラエル/オランダ)が、8月1日にニュージーランドで開催される女子中心のキックボクシング大会"FEEL THE FURY"に緊急出撃することが決定しました。


(3試合目の赤のグローブがミッシェル・プレストン選手)

 アディ・ロテム選手の試合は、なんと、この大会のメインの世界タイトル戦、相手は地元ニュージーランドの強豪ミッシェル・プレストン選手というビッグマッチです。

 プレストン選手はキック/ムエタイのトップ選手であると同時に、ボクシングのOPBF東洋太平洋でもスーパーフライ級1位というマルチファイター。

 そして、プレストン選手のコーチはかつてのK−1ファイタージェイソン信長サティー氏。一方のロテム選手のコーチは、あのイワン・ヒポリット氏で、ふたりは96年に大阪で戦っています。

 今回はお互いの弟子どうしの対戦で、いわば代理戦争。しかも世界タイトル戦。大阪では敗れたヒポリット氏が、ニュージーランドでリベンジなるか楽しみな一戦です。
〔情報提供:関係者さま〕


関連記事 K−1が8月に韓国で女子トーナメントをスタート

猪崎さんの世界戦のことバナー

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2009.7〜9 

メリッサ・ヘルナンデス タイトル前哨戦を余裕で突破

boxing

2009年7月21日(火) パナマ パナマシティ

フェザー級 8回戦
メリッサ ”ハリケーン”ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)  
5回TKO
×アンバー・ファヤルド(ベネズエラ)
メリッサ・ヘルナンデス選手TKO勝利

 8月1日にタイトル防衛戦をひかえるメリッサ・ヘルナンデス選手が、6戦無敗のアンバー・ファヤルド選手(ベネズエラ)とタイトル前哨戦(あまりに直前すぎますが)をおこない、5ラウンドで相手を戦意喪失に追い込んでTKO勝利をおさめました。ヘルナンデス選手、圧倒的な強さですね。
メリッサ・ヘルナンデス選手

 8月1日に対戦するアナ・ジュラトン選手のニックネームが、自分と同じ『ハリケーン』であることについて、「わたしは今回は新しい名前を使うわ。メリッサ "アイ・アム・ウーマン・ボクサー" ヘルナンデスよ」と口撃のほうも絶好調。

 「プエルトリコの大アネゴ」ヘルナンデス選手と、「女パッキャオ」ジュラトン選手の激突は、どんな試合になるでしょう?

 この結果により、両者の戦績は以下のようになりました。
メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)14戦11勝1敗2分4KO
アンバー・ファヤルド(ベネズエラ)7戦6勝1敗3KO

*アナ・ジュラトン選手とメリッサ・ヘルナンデス選手の対戦は9月18日に変更になりました。

関連記事 『女パッキャオ』アナ・ジュラトン メリッサ・ヘルナンデスのWIBAタイトルに挑戦

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

2009年07月23日

女子ボクシング 神田桃子 vs 谷美幸 結果

boxing


2009年7月23日(木) 大阪市・大阪府立体育館第二競技場
ファイティングビートボクシング

48.5kg契約 4回戦
×神田桃子(ハラダ)
 判定 0−2
谷美幸(フュチュール)
谷美幸選手の判定勝利
(38−39、38−39、38−38)

両選手の戦績は以下のようになりました。

神田桃子 かんだももこ 8戦3勝3敗2分
谷美幸 たにみゆき 2戦1勝1敗
(戦績はJBC公認以前からのものです)

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ボクシングの試合:2009.7〜9 

2009年07月22日

イム・スジョン選手の負傷によりK−1女子トーナメントが延期に

icon_kickboxing

 8月2日にソウルで開催されるK−1大会での、女子のトーナメントが延期になりました。

 このトーナメントの目玉とされていたイム・スジョン選手が練習中にケガをし(以前、アマムエタイ世界大会で負傷した鼻の周辺のケガ)、大会出場にドクターストップがかかったためで、トーナメントは日を改めて後日開催される見込みです。

 このトーナメントにはハム・ソヒ選手の参加も決まっていましたが、延期となると各選手のスケジュールを再調整する必要があるので、同じ顔ぶれが揃うかどうかちょっと不安ですね。

 イム・スジョン選手は「日本でのシュートボクシング大会のためにはやく全快してより良い試合をお見せしたいです」とコメントを出しています。回復が間に合うといいですね。

猪崎さんの世界戦のことバナー

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote キック・ムエタイ・SBの試合:2009.7〜9