2016年02月14日

1ラウンドムエタイトーナメント 準決勝 ディララ・イルディス VS テレサ・ヴィンテルマイア 試合経過 R-1 ONE ROUND KNOCKOUT ムエタイ女子

 Muay Thai

2016年2月6日(土)タイ バンコク タイカルチャーセンター
R-1 ONE ROUND KNOCKOUT

 バンコクで『ムエタイの日』におこなわれた1ラウンド制のトーナメント、女子のふたつめの準決勝はドイツ対スウェーデンです。

準決勝
ムエタイ 57kg 特別ルール 3分1R
ディララ・イルディス(ドイツ)
VS
テレサ・ヴィンテルマイア(スウェーデン)

Dilara_Yildiz
 赤コーナーはドイツのディララ・イルディス選手。マレーシアでミリアム・サボット選手と戦ったり、タイでいくつものイベントに出たり、ここ数年アジアで活発に試合をしている選手です。

Teresa_Wintermyr_2
 ムエタイエンジェルスで有名なテレサ・ヴィンテルマイア選手。女子の国際イベントには欠かせない存在ですね。大会全体をテレビの生放送にキッチリ収めなければいけないという関係上、いつもは丁寧に舞うワイクルーもこの日は超高速(笑)。

プーラホン・シッヂャーデーン
 レフリーはプーラホン・シッヂャーデーン選手。彼女は試合体重が60kgオーバーで、ここにいる4選手とは階級が違うため、残念ながらこの大会では選手じゃなくてレフリーに。そろそろ彼女の試合も見たいところです。  続きを読む read more

queensofthering at 01:00|PermalinkComments(0)

2016年02月13日

ヨリーナ・バース VS マルティナ・ジンドロヴァ LION FIGHT ウェルター級タイトルマッチ ノーカット動画 ムエタイ女子

 Muay Thai

2015年10月23日(金)アメリカ カリフォルニア州 テメクラ
LION FIGHT 25

LION FIGHT ウェルター級タイトルマッチ 3分5R
王者 ヨリーナ(ジョリーナ)・バース(オランダ)
VS
挑戦者 マルティナ・ジンドロヴァ(チェコ)
〈流血あり 閲覧注意〉

 本日ご紹介するのはアメリカで人気のムエタイイベント『ライオンファイト』女子ウェルター級タイトルマッチです。

 同イベントのフェザー級ならびにスーパーバンタム級王者のティファニー・ヴァン・スースト選手の試合が年に3回以上あるのに対して、バース選手の試合は年に1〜2回しかおこなわれません。

 なぜかというと、バース選手は過去にムエタイで一度も負けたことがないという圧倒的な強さを持ち(37勝無敗)、さらに177僂猟洪箸覆里如△海亮体呂搬粒覆妨合う挑戦者がなかなか見つからないからです。

 昨年はライオンファイトで2回試合が組まれたほか、タイでもワンマッチがありましたが、レフリーが初回でストップしたそうです。力の差が大きすぎたのでしょう。

 そんな彼女にあらわれた挑戦者は、チェコの強豪マルティナ・ジンドロヴァ選手(49勝13敗)。ジンドロヴァ選手は2012年に一度K1ルールで対戦し、判定でやぶれているのでこれが3年越しのリベンジマッチです。  続きを読む read more

queensofthering at 18:20|PermalinkComments(0)

イベス・サモラ VS 安藤麻里 WBCライトフライ級タイトルマッチ 決定 ボクシング女子

 Boxing

2016年3月19日(土)メキシコ トルーカ

イベス・サモラ選手


宮尾綾香 VS 安藤麻里 II


WBCライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 イベス・サモラ (メキシコ)
VS
挑戦者 安藤麻里 あんどうまり(フュチュール)

 来たる3月19日、WBCライトフライ級王者イベス・サモラ選手(メキシコ)が6回目のタイトル防衛戦をおこないます。

 2013年に後楽園ホールでの王座決定戦でタイトルを獲得してからもう3年になるんですね。

 その間にやぶってきた挑戦者にはエイヴァ・ナイト選手(アメリカ)やエスメラルダ・モレノ選手(メキシコ)、ジェシカ・チャベス選手(メキシコ)という蒼々たるビッグネームが名を連ね、素晴らしい防衛記録となっています。

 この強豪王者に挑むのは、フュチュールの安藤麻里選手。過去に世界2階級で戴冠していますが、ここ3年は3勝4敗と負け越し中。安藤選手は手数も多く、きれいなコンビネーションも打てるのですが、残念ながらパンチが軽く、それが勝てない理由だと思います(KO勝ちは過去5回ありますが、ほとんどタイ人相手なので参考になりません)。

 しかし、今回は安藤選手は階級を上げてライトフライ級での挑戦。ライトミニマム級時代と比べれば2kg以上の増量ですので、これを全部ヒットマッスルにすることが出来ればかなりのパワーアップが期待出来ます。あの連打にパワーが加わればどんなに強力でしょうか?

 ところが、このタイトルマッチの開催地は敵地メキシコ。それも、標高2500mのメキシコシティよりも、さらに150mも高いトルーカという都市での対戦なんです。

 これは、北アルプスのてっぺんで戦うようなもの。勝つ負ける以前に高山病になってしまう可能性もある過酷な現場ですね。

 整理しますと、

1 敵は強い。
2 筋肉増量でパワーアップ出来る。
3 非常識なほどの高地での対戦。

 ということで、不利な条件が多いように見えますが、3に関しては充分に高地対策が出来れば克服も可能。増量でしっかりと筋肉系をビルドアップして緑のベルトを持ち帰ってもらいたいです。強敵に勝てば世界的な評価も得られます。安藤選手、がんばってください!

イベス・サモラ(WBCライトフライ級王者/メキシコ)29戦24勝5敗9KO
安藤麻里 あんどうまり(元WBOライトフライ級王者/前WBCミニフライ級王者/フュチュール)20戦12勝8敗5KO
[情報提供:ゆめさま]

関連記事 ホン・ソヨン VS 安藤麻里 WBOミニマム級タイトルマッチ フルラウンド動画 ボクシング女子

関連記事 柴田直子 vs イベス・サモラ 動画フルラウンド WBC世界ライトフライ級王座決定戦 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 13:20|PermalinkComments(0)

2016年02月12日

オランダの新しい星 ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン VS プリシラ・ダービッツ ノーカット動画 ムエタイ女子

 Muay Thai

2015年10月10日(土) オランダ ブンスホーテン

ムエタイ 2分5R Bクラス
ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン(オランダ)青
VS
プリシラ・ダービッツ(オランダ)赤


 タイではペッチーチャー選手やゲーウター選手、イギリスではディコタ・ディーチェヴァ選手、日本は佐々木蝶里選手や伊藤紗弥選手、と続々育っている世界のムエタイ新世代。

 さて、格闘王国オランダではどうかというと・・・この人がいるんです、ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン選手。昨年12月に15才になったばかりの新星。

 ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン選手は6才の頃からK1スタイルの練習を開始、ムエタイに転向したのは10才のとき。ひとつ年上のディコタ・ディーチェヴァ選手とはジュニア時代にすでに2度対戦していて1勝1敗の戦績。

 現在、この年齢ですでにWKA56kg級ムエタイ世界王座をはじめいくつものタイトルを穫っているというのですから驚きです。

 動画は昨年10月、ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン選手が14才のときのもので、階級はたぶん55kg前後でしょう。

 各国の若手の台頭が続々と続く女子ムエタイ、今後は面白い対戦がたくさん見られそうですね。

ムエタイ 2分5R Bクラス
○ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン(オランダ)青
判定
×プリシラ・ダービッツ(オランダ)赤
ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン選手の判定勝利
10th October 2015
5x2min Muay Thai class B
Georgina van der Linden defeats Priscilla Davids via decision.

ムエタイ 2分5R Bクラス
○ジョージナ・ヴァン・デア・リンデン(オランダ)青
判定
×プリシラ・ダービッツ(オランダ)赤
ディコタ・ディーチェヴァ選手の判定勝利

関連記事 熊谷直子のライバル、リサ・ハワースの娘 ディコタ・ディーチェヴァ プロムエタイで本格始動 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 21:40|PermalinkComments(0)

1ラウンドムエタイトーナメント 準決勝 チョンマニー・ソー・テヒラン VS ミリアム・サボット 試合経過 R-1 ONE ROUND KNOCKOUT ムエタイ女子

 Muay Thai

2016年2月6日(土)タイ バンコク タイカルチャーセンター
R-1 ONE ROUND KNOCKOUT

 この日はタイでは『ムエタイの日』に定められていて、ムエタイ振興のためにいろんなイベントが行われます。

R-1 ONE ROUND KNOCKOUT
女子の4人と男子のベストエイト

 首都バンコクでは、世界各国からのムエタイファイターにより女子は4人制、男子は16人制のトーナメントがおこなわれました。男子の人数に比べて女子はたった4人なので甘いように見えますが、男子は参加国を増やした結果、あまり強くない選手も入っているのに対して、女子は実績ある4人ですからここで勝つのは決して楽ではないでしょう。

ブアカーオ・バンチャメー
 男子の一回戦の終了後、スペシャルゲストのブアカーオ・バンチャメー選手が登場して古式ムエタイの演舞を披露。このトーナメントに華をそえます。

準決勝
ムエタイ 57kg 特別ルール 3分1R
チョンマニー・ソー・テヒラン(タイ)赤
VS
ミリアム・サボット(イタリア)青  続きを読む read more

queensofthering at 12:40|PermalinkComments(0)

松田玲奈 VS イム・ソヒ 日韓国際戦 結果 蹴拳30 キックボクシング女子

 Kick Boxing

211shuken2016年2月11日(木・祝)東京 ディファ有明
蹴拳30

メインイベント第17試合
日韓国際戦 蹴拳女子インプレッションルール
フライ級3分3R延長1R
松田玲奈 まつだれな(y-park/WBKF女子フライ級王者/蹴拳女子フライ級王者/J-GIRLS同級王者)
TKO 第3ラウンド レフリーストップ
×イム・ソヒ(韓国)
松田玲奈選手のTKO勝利
(第3ラウンドにイム・ソヒ選手ダウン1)
11th February 2016 at Shinjuku "FACE" in Tokyo
3x3m KickBoxing Flyweight
Rena Matsuda vs Seo-Hee Lim (from Korea)
Rena Matsuda wins by TKO(head kick)

関連記事 MAT旗揚げ大会 松田玲奈 VS ロレーナ・クライン、陣内まどか VS クワンチャイ、伊藤紗弥 VS ロージャナー、CruSher松川敬子 VS 水野志保 結果 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 11:00|PermalinkComments(1)

2016年02月11日

女子ボクシング スーパーKO特集 東郷理代、スージー・ケンティキアン、エイヴァ・ナイト、アン・ウルフ KO動画特集 ボクシング女子

 Boxing

 日本の女子ボクシングの不人気の原因はいろいろありますが、最大の原因は試合がつまらないことでしょう。

 というのも、日本の選手はみんな競って減量し、痩せることが命みたいになって、パンチ力の増強は2の次、3の次。手足が細く、体も薄く、パワーはふつうの人並み。そのため、ダウンを取れる選手はごくごくわずか、KO取れる選手はさらに少ないというのが現状で、面白い試合なんて出来るわけがないのです。

 ダウンが取れないと、一度傾いた試合の流れを変えることが出来ず、そのため序盤の2ラウンドぐらいを見れば、どっちが勝つか簡単に分かってしまい、最後まで試合を見る意味がなくなるのです。これじゃあ人気なんか出るわけがないですね。スリルもドラマもないのだから。
2013年4月27日 東郷理代 VS マリアナ・フアレス

 いままで何人もの日本人女子世界王者が出ていますが、ダウンを取れない選手多数で、ハッキリ言って世界のレベルに遠く及ばず、もしも、韓国やタイなどの噛ませ選手がいなければ彼女たちの記録はもっと平凡なものだったでしょう。

 現在、まともな外人選手相手にKOを取れる実力者は、池山直選手、藤岡奈穂子選手、次点で黒木優子選手、高野人母美選手ぐらいで、ほかの王者のみなさんは、パワー不足が課題だと思います。

 しかし、過去には素晴らしいKOパンチャーもいました。その代表が東郷理代選手、そして山口直子選手ですね。上掲の動画が東郷理代選手が世界にその名を知らしめた大金星KO。メキシコの大会場で、当地の大スターで、WBC本部のお気に入り女子であるマリアナ・フアレス選手をひっくり返しちゃったパンチは実に豪快でした。素晴らしいですね。

 これを当時の国内メディアは全然伝えませんでした。本当はこういう試合こそが「人気の起爆剤」なんですけどね。どうしてそれが分からないのか?残念な話です。  続きを読む read more

queensofthering at 03:45|PermalinkComments(4)

2016年02月10日

再戦!!日向野知恵 VS 山岸愛子、柴田直子、宮尾綾香 ほか 4月10日 熱闘女子BOXING 予定 ボクシング女子

 Boxing

2016年4月10日(日)埼玉 草加市文化会館
SOKA2016草加松原 熱闘女子BOXING 世界タイトルマッチ前哨戦

熱闘女子BOXINGノンタイトル 8回戦
柴田直子 しばたなおこ(ワールドジム/IBF世界ライトフライ級チャンピオン)
VS
タイ人選手

ノンタイトル 8回戦
宮尾綾香 みやおあやか (大橋ジム/前WBA世界ライトミニマム級チャンピオン)
VS
タイ人選手

6回戦
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根本)
VS
山岸愛子 やまぎしあいこ(カシミジム)

6回戦 男子/女子 それぞれ追加試合調整中
4回戦 男子/女子 それぞれ追加試合調整中

★ゲスト★
元WBC世界ライト級チャンピオン
 ガッツ石松 がっついしまつ 〈サイン会〉
現WBA世界スーパーフェザー級スーパーチャンピオン
 内山高志 うちやまたかし 〈公開スパー〉

 4月10日に東京近郊の草加市で女子の8回戦をメインにした大会がおこなわれます。現世界王者の柴田直子選手と、前世界王者の宮尾綾香選手のふたりが顔を揃え、ゲストにはガッツ石松さんと内山高志選手の来場が予定されています。

 しかし、柴田選手と宮尾選手の対戦相手はどちらもタイ人選手で、このカードに期待をするボクシングファンはいないでしょう。

 では、この日の目玉はなにかと言えば、それは日向野知恵VS山岸愛子6回戦です。このふたりは4回戦時代に大阪で拳を交え、日向野選手のパワーと山岸選手のテクニックが火花を散らす好勝負を演じました。

 日向野選手が持ち前の強打でダウンを奪いましたが、直後に山岸選手がコンビネーションでレフリーストップ逆転TKO勝利という、非常に印象的な試合でした。あれから1年半、両選手ともにBクラスに昇進しての再会は、またも熱戦となることでしょう。

柴田直子 しばたなおこ(ワールドジム)18戦14勝3敗1分4KO
宮尾綾香 みやおあやか (大橋ジム)27戦20勝6敗1分4KO
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根本)8戦4勝4敗1KO
山岸愛子 やまぎしあいこ(カシミジム)8戦4勝3敗1分2KO

*日時 2016年4月10日(日)開場13:00 開始13:30
*場所 埼玉 草加市文化会館(草加市松江1-1-5) 東武スカイツリーライン「松原団地駅」東口から直進徒歩5分 太鼓型の歩道橋をくぐってすぐ
*料金 VIP指定席 円/A指定席11000円/B指定席10000円/C指定席8000円/自由席6000円
*問合せ スパイダー根本ボクシングジム 048-269-9013
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。

関連記事 プレイバック! 日向野知恵 VS 山岸愛子 4回戦 試合経過 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 01:40|PermalinkComments(0)

2016年02月09日

ペッチーチャー(ペットジージャ) VS 小林愛三 試合経過 ムエタイオープン34 ムエタイ女子

 Muay Thai

2016年2月7日(日)東京 新宿FACE
Muay Thai Open34

50kg契約 ムエタイ 2分5R
ペッチーチャー(ペットジージャ)・オー・ミークン(タイ)
VS
小林愛三 こばやしまなぞう(NEXT LEVEL 渋谷)

ペッチーチャー(ペットジージャ) VS 小林愛三

 ムエタイファン期待の星ペッチーチャー選手の初来日は小林愛三選手との対戦でした。

 このカードが発表された時、体重差が大きすぎることと、小林選手がデビュー2戦目でプロ経験が浅いこと、そして、ムエタイオープンさんの採点基準がよく分からないことが不安材料でしたが、実際、心配した通りの試合となりました。  続きを読む read more

queensofthering at 02:50|PermalinkComments(6)

2016年02月08日

島津悦子 VS 美保、三宅芳美 VS 麻衣 結果 DUEL.4 キックボクシング女子 

 Kick Boxing

DUEL.42016年2月7日(日)東京 大森 ゴールドジム サウス東京ANNEX
DUEL.4

第8試合
ミネルヴァ 48kg契約 2分3R延長
島津悦子 しまずえつこ (Kick Box)
ドロー 0−1
美保 みほ(KFG URWAWA)

第5試合
ミネルヴァ スーパーフライ級 2分3R
×三宅芳美  みやけよしみ(Take1)
TKO 第3ラウンド レフリーストップ
麻衣 まい(TEAM武心會)
麻衣選手のTKO勝利

7th February 2016 at Gold Gym South Tokyo Annex
3x2m KickBoxing rules -48kg
Etsuko Shimazu vs Miho KFG Goes To a Draw
3x2m KickBoxing rules superflyweight
Mai BushinKai wins over Yoshimi Miyake by 3rd round TKO

NJKFミネルヴァルール
・1ラウンドは2分間とし、インターバルは1分間、3ラウンド制とする(王座決定戦は引き分けの場合延長1R・マストシステムで行う)。
・顔面への肘・膝の攻撃は禁止、首相撲は3秒(レフェリーの3カウント)までとする。
・腰に手を回す、いわゆる胴相撲の状態でも、選手が積極的な攻撃を伴えば注意・減点の対象とはならない。
・攻撃を伴わないホールディングやクリンチには、注意・イエローカード・レッドカードが出される。
・バッティング、またバッティングを誘発する頭から(相手を見ずに)前へ出る行為には厳しく注意が出される。
・スタンディングダウンも含め、1Rに2度のダウンを喫するとTKO負けとなる。

関連記事 NJKFミネルヴァ ライトフライ級タイトルマッチ 島津悦子 VS あゆみ 試合経過 キックボクシング女子

関連記事 NJKFミネルヴァ スーパーバンタム級タイトルマッチ 三宅芳美 VS 美優美 試合経過 キックボクシング女子

関連記事 島津悦子 香港のムエタイトーナメント "SUPER4" で地元のスター ツァン・ワイインをくだして優勝 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 16:10|PermalinkComments(0)