2017年07月27日

小林愛三 VS UNION朱里 ノーカット動画 ROAD TO KNOCK OUT vol.2 キックボクシング女子

 Kickboxing

2017年7月20日(木)東京 渋谷TSUTAYA O-EAST
ROAD TO KNOCK OUT vol.2

50kg契約 3分3R
小林愛三 こばやしまなぞう(NEXT LEVEL渋谷/Muay Thai Open女子フライ級王者)
VS
UNION朱里 ゆにおんあかり(GSB/Iー1アジア51kg級など海外三冠王者)

 先日の対戦のオフィシャル動画がKNOCK OUTさんより公開されましたのでご覧ください。  続きを読む read more

queensofthering at 13:35|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 │

対戦相手変更 伊藤紗弥 VS ファチャンライ〔ファーチェンラーイ〕 WMCアトム級王座決定戦 予定 ムエローク 3rd ムエタイ女子

 Muay Thai

2017年8月11日(金・祝)八王子 富士森体育館
ムエローク 3rd

ムエローク
ซาย่า อิโตะ (ญี่ปุ่น) vs ฟ้าเชียงราย (ไทย)
第11試合 WMCアトム級王座決定戦 2分5R
伊藤紗弥  いとうさや(尚武会/前WPMFピン級王者)
VS
ファチャンライ〔ファーチェンラーイ〕(タイ)

 前WPMFピン級世界王者の伊藤紗弥選手が新設されるWMCアトム級のタイトルマッチをおこないます。

 対戦相手は当初は現WMCライトフライ級世界王者のサオスコータイ選手と発表されていましたが、すでに上の階級の王座を持っている選手がアトム級のベルトを獲っても2階級の防衛は無理ですし、負けたらライトフライ級のベルトも剥奪となりますから彼女にとってはメリットゼロ。カード変更は当然のことでしょうね。というか、発表の時点で本決まりじゃなかったのかもしれません。

 そういうことで、サオスコータイ選手に代わっての来日となるのがファチャンライ〔ファーチェンラーイ〕選手。彼女はまだこれといった実績はありませんが、なにかと話題には出てくる今年21才の中堅選手です。

11 สิงหาคม 2560, ญี่ปุ่น
ชิงแชมป์เปี้ยนสภามวยไทยโลก (WMC) รุ่น อะตอมเวต
ซาย่า อิโตะ (ญี่ปุ่น) vs ฟ้าเชียงราย (ไทย)

muaylook 2017 3rd
August 11th, 2017, at Fujimori Gymnasium in Tokyo
WMC Atomweight World title 5x2min
Saya Ito from Japan vs. FhaChiangrai from Thai

*日時 2017年8月11日(金・祝)開場 14:00/開始14:30
*場所 八王子 富士森体育館
*料金 2階自由席 5000円/小学生以下3000円
*問合せ 尚武会 042-651-5184
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


関連記事 ファーチェンラーイ VS クラターイカーオ 結果&ノーカット動画 YAMAHA MUAY THAI NORTERN FIGHT ムエタイ女子

関連記事 タイトル戦決定! 伊藤紗弥 VS サオスコータイ WMCアトム級王座決定戦 予定 ムエローク 3rd ムエタイ女子

関連記事 女子ムエタイ放送再開第2弾 サーオシン、サーオスコターイ、ペッベンチャー、ファーシートン ほか 全8試合 結果&ダイジェスト動画 WOMEN’S FIGHT MUAY THAI 2017 ムエタイ女子

関連記事 写真で見る リトルタイガー VS 伊藤紗弥 WPMF世界タイトルマッチ ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 11:00|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 │

福原優 VS 豊嶋里美 予定 Krush78 キックボクシング女子

 KickBoxing

782017年8月6日(日)東京 後楽園ホール
Krush78

ー45kg契約 2分3R
福原優 ふくはらゆう(EBISU小比類巻道場)
VS
豊嶋里美 とよしまさとみ(TEAM OJ)

「Krush78」はすでにチケットが全席完売ですが、当日17時より「AbemaTV」格闘チャンネルで生中継があります。

インターネットテレビ局 「AbemaTV」
・チャンネル名 格闘チャンネル
・放送時間 8月6日(日)17:00〜 完全生中継
「Krush.78」2017.8.6(日)後楽園ホール大会

*日時 2017年8月6日(日)
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 SRS席 15,000円/RS席 9,000円/S席 7,000円/A席 5,000円/スタンディング 一般 3,500円 指定券の当日売りは各席とも500円増しです 全席完売
*問合せ 株式会社グッドルーザー 03-6450-5470
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 10:00|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 | 放送/ネット配信/記録映画

WMC世界王者来名 水野志保 VS マエリー・ウォーワンチャイ、山口遥花 VS エミNFC、楓 VS TOMOMI Suk Wanchai MuayThai Super Fight ムエタイ女子

 MuayThai

2017年8月6日(日)名古屋 国際会議場イベントホール
日・タイ修好130周年記念事業 〜Suk Wanchai MuayThai Super Fight〜

水野志保選手 マエリー・ウォーワンチャイ
ชิโฮะ มิซูโน vs เมรี เวโรน่าฟาร์ม

バンタム級(53.52kg)2分5R
水野志保 みずのしほ(元J-GIRLSバンタム級王者/名古屋JKファクトリー)
VS
マエリー・ウォーワンチャイ(WMCスーパーフライ級〔52.15kg〕王者/タイ)

山口遥花 やまぐちはるか(仰拳塾)
VS
エミNFC えみえぬえふしー(ナゴヤファイトクラブ)

 かえで (LEGEND GYM)
VS
TOMOMI ともみ(グラップリングシュートボクサーズ豊橋)

 8月に名古屋で開催されるムエタイイベントで水野志保選手とWMCスーパーフライ級王者マエリー選手が5回戦で対戦します。

 マエリー選手は2013年にRENA選手とSBルールで対戦。緊急出場でしたがRENA選手を相手に組みの強さを見せて善戦。2014年6月、トモコSP選手と本職のムエタイルールで対戦して判定勝利。2014年11月には3度目の来日で谷山佳菜子選手と戦いK1ルールで敗戦しています。その後は中国の大会の常連となりゴン・ヤンリ選手、ウ・メイディエ選手などの最強軍団と激闘。

 現在、マエリー選手はWMCスーパーフライ級ムエタイ世界王座を保持しています。。

 そんな相手を迎え撃つのは元J-GIRLSバンタム級王者の水野志保選手。K1系の水野選手が、ムエタイ王者とムエタイで戦うのはかなりキツイと思いますが、打撃の重さでは互角なので首相撲をどうしのぐかが試合を決定するでしょう。

 山口遥花 VS エミNFC、楓 VS TOMOMIという二つのカードも加わり、女子は全部で3試合がおこなわれるようです。

6 สิงหาคม 2560, ญี่ปุ่น
ชิโฮะ มิซูโน (ญี่ปุ่น) vs เมรี เวโรน่าฟาร์ม (ไทย)

Suk Wanchai MuayThai Super Fight
August 6th, 2017, at Nagoya Congress Center Hall in Aichi, Japan
Muay Thai Bantamweight 5x2min
Shiho Mizuno from Japan vs. Mary VeronaFarm from Thai
Mary VeronaFarm is current WMC 115lb Champion

Haruka Yamaguchi vs. Emi NFC

Kaede Hoshino vs. Tomomi Hasegawa

*日時 2017年8月6日(日)
*場所 名古屋 国際会議場イベントホール
*料金 VIP席 30,000円(ゲート内、テーブル付き)/スペシャルリングサイド席 15,000円(ゲート内)/リングサイド席 6,000円(アリーナ最前列2列)アリーナ席 5,500円/階段席 5,500円/自由席 3,000円 (階段席後方部分、枚数限定)当日券はそれぞれ1,000円増し
*問合せ 名古屋ムエタイジム キング・ムエ 052-504-9005
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


関連記事 ゴン・ヤンリ VS マエリー[メイリー] ノーカット動画 中国真功夫 キックボクシング女子

関連記事 リトルタイガー VS ホーンカオ、トモコSP VS マエリー M-Fight SUK WEERASAKRECK VI 結果 ムエタイ女子

関連記事 RENA VS メイリー・ウォン・ポーマス、高橋藍 VS 吉田実代 結果 シュートボクシング女子

関連記事 水野志保 VS ジェニフェル・フェハス ノーカット試合動画 HOOST CUP KINGS NAGOYA供.ックボクシング女子

関連記事 佐々木仁子 vs 水野志保 Krush.15 詳細 キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 09:40|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 │

2017年07月26日

ブラジルの野外ムエタイ ラリッサ VS パウラ 結果&ノーカット動画 Garden Combat 2 ムエタイ女子

 MuayThai

2017年7月15日(土)ブラジル セアラー州
Garden Combat 2

ムエタイ 65kg 2分3R
ラリッサ(ブラジル)赤
VS
パウラ(ブラジル)青


 こちらは7月15日にブラジル東部の地方で開かれた『Garden Combat 2』という大会です。野外の夜間興行の感じがどこかタイっぽくて、ブラジルと言われなければタイだと思ってしまいそう。いいですね。

 正直、試合内容はまだまだですが、プーケットの白人の水準ぐらいには行ってますし、会場の熱気と選手の頑張りは素晴らしいです。このお客さんと関係者の熱意が、ブラジルのムエタイを育てると思います。  続きを読む read more

queensofthering at 23:30|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 │

2017年07月25日

それでもボクシングやめちゃう? 世界5階級制覇のアマンダ・セラノ アマンダ・セラノ VS エディナ・キス WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年7月21日(金) プエルトリコ サンファン

WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ
王者 アマンダ・セラノ(プエルトリコ/アメリカ)
VS
挑戦者 エディナ・キス(ハンガリー)


 WBOスーパーバンタム級王者アマンダ・セラノ選手が21日に同王座の2度目の防衛戦をおこないました。

 アマンダ・セラノ選手は30戦以上戦って負けはひとつだけ、KO率は7割以上、過去に四つの団体の世界王者になっている、という凄まじいばかりの強豪ですが、活動拠点とするアメリカの女子ボクシングの低迷の影響で、いくら勝ってもまったく収入に繋がらないという状況に絶望、近日中にボクシングを引退してキックボクシング経由でMMAを目指すことを発表していました。

 しかし、今年1月に「久々のテレビ中継があるから」と引き止められ、4月には「バンタム級のタイトルを獲って5階級制覇を実現しよう」と引き止められ、セラノ選手の引退はズルズルと先延ばしに・・・。

 ところが、4月に5階級制覇(スーパーフェザー級、フェザー級、ライト級、スーパーバンタム級、バンタム級)に成功した直後も「これは引退のいい記念になるわ」と辞める気充分のセラノ選手。

 今月21日には昨年獲ったスーパーバンタム級の2度目の防衛戦が彼女の地元のプエルトリコでジミー・レノンJr.さんのアナウンス付きでテレビ中継されるというビッグイベントがありました(上掲の動画)。

 が、それでも試合後の彼女のツイートは「タイトルは防衛したわ。次は数カ月以内に蹴ったり掴んだり(Kicking and Grappling)ね。やるわよ!」とやっぱりボクシングじゃない未来を語っています・・・。

 多くのボクシング関係者が、彼女を失うわけにはいかないと焦っていますが、引き止めることは、もう出来ないのかなあ?

WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ
○王者 アマンダ・セラノ(プエルトリコ/アメリカ)
TKO 第3ラウンド
×挑戦者 エディナ・キス(ハンガリー)
アマンダ・セラノ選手のTKO勝利

アマンダ・セラノ(プエルトリコ/アメリカ)35戦33勝1敗1分25KO
ヤスミン・リヴァス(メキシコ)18戦13勝5敗7KO

関連記事 WBOスーパーバンタム級王者 アマンダ・セラノがボクシング引退? ボクシング女子

関連記事 セラノシスターズの快進撃なるか? シンディ・セラノ vs グリシア・ノヴァ 10回戦 結果&動画 ボクシング女子

関連記事 激戦動画 フリーダ・ウォルバーグ vs アマンダ・セラノ WBCスーパーフェザー級タイトルマッチ ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:40|PermalinkComments(0)ボクシングの試合:2017.7〜9 │

2017年07月24日

夢の対戦!! イマン・バーロー VS アシュリー・ニコルズ エンフュージョン54kg級タイトルマッチ ノーカット動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年7月8日(土)カナダ ハリファックス

エンフュージョン54kg級タイトルマッチ 2分5R
王者 イマン・バーロー(イギリス)
VS
挑戦者 アシュリー・ニコルズ(カナダ)


 エンフュージョン54kg級チャンピオンのイマン・バーロー選手(イギリス)が、7月8日にカナダで同王座の防衛戦をおこないました。

 試合の開催された現地、カナダの誇る最強女子といえばWPMFフェザー級世界チャンピオンのアシュリー・ニコルズ選手。

 この人は女子ムエタイ選手には鬼門とされる中国の武林風に乗り込んで、あのゴン・ヤンリ選手から勝ち星を奪っているすごい選手。

 ムエタイの本場タイでもその猛威は止まらず、なんとナムターン選手にムエタイで勝ってしまいました。文句無しの実力者です。

 対するイマン・バーロー選手はイギリス人ながら幼少の頃からタイで試合を重ね、ムエタイ天才少女として知られていた生粋のムエイン(女子ムエタイ選手)。

 24才になった現在はこのエンフュージョンの王座以外にも、アメリカのムエタイ団体LION FIGHTのスーパーバンタム級王座を獲り、中国の武林風でも圧勝し、女子ムエタイを代表するビッグスターとなっています。

 さて、この共にムエタイを本職とする強豪二選手が今回戦うのは、エンフュージョンという立ち技系の格闘技。柔道のような投げも認められるキックボクシングですが、シュートボクシングと同じようなものと思えば近いです。

 バーロー選手は研ぎ澄まされた正確な技をスピーディーに繰り出す純正ムエタイを得意とし、ニコルズ選手は破壊力にすぐれたパワー系ムエタイで相手の技術を封じるのが特徴。

 エンフュージョンでは、ダメージ重視のキック系の採点をしますので、テクニカルに攻めるバーロー選手よりも、パワーにまさるニコルズ選手のほうが有利という予想をすることも出来ました。  続きを読む read more

queensofthering at 19:00|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 │

ツァン・シャオティン VS ペッベンチャー 結果&動画 峨眉伝奇 The EM Legend キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年4月28日(金) 中国 四川省
峨眉伝奇 / The EM Legend

53kg契約 3分3R
ツァン・シャオティン(中国)
VS
ペッベンチャー(タイ)


 中国四川省の格闘技イベント『峨眉伝奇(ウーメイチュワンチー)』は、大会がおこなわれてから放送されるまでの間隔が長く、この4月の大会も放送されたのは7月でした。

 同大会では引き続きツァン・シャオティン選手を女子のメインとして売り出し中で、この日はタイのペッベンチャー選手との対戦。

 ペッベンチャー選手は2014年9月にディファ有明でいつか選手(引退)とWPMFフライ級世界王座を争って敗れていますが、非常に若い選手でしたので、現在も21才前後と思われます(タイや中国の年齢表記は基本的に生まれ年を1才とするので日本の数え方よりひとつ多くなるのが普通です)。

 タイの人はムエタイに非常に誇りを持っていますが、それは「数ある格闘技の中でムエタイが一番」という意味では無くて「タイ人選手がムエタイで一番」という感じ。

 「数ある格闘技」には最初からあんまり関心を持っていません。ムエタイに熱心な人ほど、ほかの格闘技は見ないでしょう。

 タイ語でムエ(ムアイ)というのは武術、格闘技全般を意味するものなので、漠然と世界のどこでも立ち技の格闘技は同じようなものだろうという意識があるようです。

 もちろん、男子の一部トップ選手は海外のイベントに呼ばれることもあるので、それなりに研究して各種ルールに適応していますが、女子選手の活躍の場はほとんどムエタイオンリーなので、選手であっても他のルールへの関心は薄いようです。

 で、掴み禁止のK1ルールにもいつもと同じ感覚でそのまま出てきて、反則を取られて身動きができなくなり、なすすべも無くそのまま敗北。これが海外のキック系に呼ばれた時のタイ女子のお決まりのパターン。この試合も完全にそうでした。

 タイの女子選手を見るならムエタイの試合に限るということですね。

53kg契約 3分3R
○ツァン・シャオティン(中国)
判定 3−0
×ペッベンチャー(タイ)
ツァン・シャオティン選手が判定勝利

April 28th, 2017
53kg 3x3mins
Xiaoting Zhen (China) vs Phetbencha (Thai)
Winner Xiaoting Zhen by UD

関連記事 ブアカーオ主催『Super Muay Thai』 ペッベンチャー VS ペッボートーン 試合動画 ムエタイ女子

関連記事 ツァン・シャオティン VS ズーロ・ホロヴァ 結果&動画 峨眉伝奇 The EM Legend キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 13:00|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.4〜6 │

松熊 VS 森田和美、熊谷麻里奈 VS 溝口孝湖 結果 J-FIGHT&J-GIRLS 2017 5th キックボクシング女子

 Kick Boxing

J-FIGHT&J-GIRLS 2017〜J-NETWORK 20th Anniversary〜5th2017年7月23日(日)東京 新宿FACE
J-FIGHT&J-GIRLS 2017〜5th

第2試合 55kg 2分3R
松熊 まつくま(武心会)
判定 0−1 ドロー
森田和美 もりたかずみ(勇心館)
ドロー

第1試合 62kg 2分3R
熊谷麻里奈 くまがいまりな(ウィラサクレック札幌)
判定 3−0
×溝口孝湖 みぞぐちたかこ(WatanabeGym)
熊谷麻里奈選手の判定勝利
23th July at Shinjuku FACE in Tokyo
-55kg K1 2x3
Matsukuma BushinKai vs Kazumi Morita
Draw
-62kg K1 2x3
Marina Kumagai vs Takako Mizoguchi
Winner Marina Kumagai

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 11:50|PermalinkComments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9 │

「事実をもとにした映画」のかんじんの部分はたいていウソ 真実を歪める『バース・オブ・ザ・ドラゴン』

 「実話をもとにした」ことを売りにした映画って多いですよね。「事実をベースとした」とか「事実からインスパイアされた」とか書き方は色々ですが、しかし、こういった類の映画で本当に事実をきちんと描いているものはほとんどありません

 たとえば、対ロシア戦争を想定して青森県の雪山で訓練をしていた日本陸軍の部隊が吹雪に身動きができなくなってほとんど全滅してしまうという実話を描いた『八甲田山』。

 映画では同じ時期に八甲田山の踏破訓練をしていた部隊がふたつあり、どちらが先に着くかと競っていたために片方の部隊が無理をしすぎ、それが遭難の一因となります。

 しかし現実には二つの部隊は競争などしていませんでした。単に偶然に同じ時期に似たような訓練をしていて片方が遭難しただけなのです。

 こういう肝心の部分が作り話って、ダメですよね。


 で、わがQRが心の師と仰ぐブルース・リーさんの伝記映画は何本もありますが、これも全部ウソばっかり。

 ハリウッドで作ったやつでも中国で作ったやつでも、無茶苦茶なガセが多すぎです。

 『ブルース・リー伝説/李小龍傳奇』というテレビシリーズはリーさんの実の娘のシャノン・リーさんが製作総指揮/監修ということになっていますが、これもヒドい作品。

 たとえばリーさんの脊椎のケガのこと。本当は無理な自己トレーニングで背中をいためたのですが、この作品の中では決闘の相手に負けての大ケガということになっています。

 本当に娘さんが監修してたらこんなガセネタは入れないでしょう。そのほかの部分もほとんど全部ウソです。

 シャノン・リーさんはこのあとに「ちゃんとした本当のブルース・リーの映画を撮りたい」と言っています。いままでに作られたその手の映画は全部いんちきですから、娘さんがそう思うのは当然です。

 結局、監修なんて名前ばかりで、現実には「ウケそうなほう」「作りやすいほう」に内容は曲げられているのです。

 1970年代に作られた戦争映画で『遠すぎた橋』というのがありました。第2次大戦の映画で、進撃を急ぎすぎたアメリカ軍、イギリス軍が作戦を失敗して退却する話で、ものすごい制作費、大スターをずらりとそろえた豪華なキャスト、そして、実際にこの作戦に参加した軍人さんの『特別監修』を受けた戦闘シーンのリアルさが宣伝文句になってました。

 しかし、見てびっくり。全然お子ちゃま向けのゴミみたいな映画で、リアルでもなんでもありません。

 たとえば、敵の占領する橋に無警戒で接近する素人みたいなイギリス軍エリート空挺部隊のシーンがこれ。当然、ハチの巣にされて逃げ帰ります。


 このほかにも、せっかく装甲車に乗っているのに上半身を乗り出したままで撃ち殺されるバカなドイツ軍将校とか、ありえない描写がテンコ盛り。プロの軍人の戦闘にこんなことがあるわけないじゃないですか。ノーガードの格闘技以下です。あきれて途中で見るのをやめました。

 あとで映画雑誌を読んで驚きました。その映画の監督だったかカメラマンだったかがこんなことを言っているんです。軍人に現場に来て見てもらったが「そんなに戦車を近距離に並べるんじゃ無い。それじゃ、いっぺんに全部やられてしまう」とかウルサクて困った・・・

 それで軍人さんの言うことを無視して作ったからあんなくだらないものになってしまったんでしょうね。でも、 これを傑作と呼ぶ人がたくさんいて、人類の未来が不安になります(笑)。

 「実話」の映画なんてこんなものです。

 新しいリーさんの伝記映画が近日公開だそうですが、これも海外の映画祭で上映されて相当ヒドい出来であることが確認されているようです。上の方の動画がそれです。

 実在の武術家ウォン・ジャックマンさんがリーさんの道場に乗り込んで手合わせをしたという史実がネタになっているのですが、予告編からしてウソくさくて笑っちゃいました。

 その手合わせを見た人は、本人たち以外にお互いの立会人ひとりづつ。つまり、ほとんど目撃者無し。だからといってこんなマトリックスみたいなもん作るとは・・・。武術をなんだと思っているのかな。

 実在の人物を面白おかしく善玉と悪玉に色分けして、勝手に話を作るなんて許せることではありません。二人の東洋の武術家の物語を、何十年もあとになって、武術にも東洋文化にも関係の無い白人が、お金もうけのためにハナっから子供だましの安っぽい映画にするなんて・・・。気分が悪い。

 やっぱり、早死になんてするもんじゃ無いですね。

 現実には何分間かの対戦ののち、ウォン・ジャックマンさんが「スリップダウン」し、立会人が「それまで」と止めた、という話しか確認されていません。

 あとは周辺のひとが話を膨らませたり、こっちが勝った、いやこっちの勝ちだ、と言い合ってるばかり。本来なら、地味すぎて、とてもアクション映画になんかできるようなネタではないんです。

 実際に間違いない話は「この手合わせの後でリーさんは深く深く考え込み、それまでの自分の格闘スタイルを解体して作り直し、ジークンドーを創出した」ということだけです。

 リーさんがそこまで自分の武術を見つめ直すきっかけとなったということは、相手のウォン・ジャックマンさんは相当な使い手だったということでしょう。

 しかし、「ウォン・ジャックマンのほうが勝っていた」という説もあるのですが、それは有り得ないです。

 だって、ノールールの武術家対決に「スリップダウン」などというものは無く、実戦だったらどんな理由にしろ「倒れたら負け」だからです。中国武術の人は絶対に倒されないのが基本なのです。

 また、「リーは目潰しや金的狙いで汚かった」という説もネット上にはあるようですが、それは西洋格闘技の人の価値観で、中国武術の人はそんなことは言いません。ウォン・ジャックマンさんも、そのまわりのひとも、決してそんなことは言わないはずです。実戦武術に反則なんてものは無いからです。

 というわけで、いつも書いていることですが、世の中はウソばっかりです。そこらに転がっている目に付きやすい話はほとんど全部がウソです。騙されないように自分を磨きましょう。

queensofthering at 03:00|PermalinkComments(0)